スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ローグワンとマヤ遺跡

 2016-12-30
roguone.jpg


 映画スターウォーズの最新作「ローグワン」を見に行ってきました。
 
 この映画は、1977年に公開されたスターウォーズの第一作である「エピソード4/新たなる希望」の前に起きた出来事を描いています。私がこの第一作を見たのは1981年のことです。当時、中米旅行から帰ったばかりで、映画の中に半年前に行ったグアテマラのティカル遺跡が出てきたのには驚きました。

 このころ、ティカルはまだ知る人も少なかったのですが、スターウォーズで有名になったこともあったのでしょう、たちまち、神秘的なマヤの遺跡として知られるようになり、観光化が急速に進みました。

 ローグワンは第一作につながるストーリーですから、反乱同盟軍の基地となっていたティカル遺跡がどのように描かれているか興味深く見ていました。

 結果は、CGで作られたと思われるティカルのピラミッドが出てきました。第一作の実写とは感じが違いますが、CGでもティカルのピラミッドの特徴ががよくでています。


tikal.jpg
ローグワンに登場するティカルのピラミッド


 ローグワンではCGで作られる部分が非常に多いのです。例えば、第一作で印象に残る人物、デス・スターの司令官ターキンやレイア姫も良く似た俳優を起用し、さらに、そっくりにするためにCG処理しているそうです。

 この映画は、スターウォーズ第一作のファンが見れば、長い年月を経ても色あせないストーリーの面白さと共に懐かしさも感じると思います。また、スターウォーズを見たことがない人でも、問題なく楽しめる秀作となっています。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村



 
スポンサーサイト
タグ :

高野潤氏の思い出。

 2016-11-01

takano.jpg
2006年に開かれた写真展のポスター。


 アンデスの写真家として知られる高野潤氏が亡くなったという知らせが来ました。

 高野氏は1972年からペルー、ボリビアを中心としたアンデスの写真を撮り続け、数多くの写真集や著作を出版しています。中南米関連の世界では、アンデスの写真家と言えば、高野氏というほど、他の追随を許さない経験と知名度があった方です。

 私は1983年にボリビアのラパスで氏とお会いし、一緒に酒を飲んだものです。帰国後も付き合いが続き、氏が行きつけの新宿ゴールデン街などでアンデスの話に花を咲かせました。

 その縁もあり、このブログでも氏が著書を出版するたびに紹介してきました。

 ここ数年、高野氏とは定期的に連絡を取っていたのですが、ペルーにでかけている間は連絡がなく。最近は「また、ペルーで写真を撮っているんだろう」と思っていたところでした。

 すでに70近い年齢となりながら、毎年、長期間ペルーに出かけるバイタリティには敬服していました。ただ、一緒に飲んでいても、体調があまりすぐれない様子が見えており、心配もしていたところです。

 ラテンアメリカでつながる貴重な友人を失い、残念としかいいようがないです。

 ご冥福をお祈りいたします。




タグ :

9月16日はメキシコの独立記念日

 2016-09-15

mex01.jpg


明日、 9月16日はメキシコの独立記念日です。

 その前夜となる15日の夜は、メキシコ人の多くが楽しみにしているイベント「グリート」が全国各地で行われます。「グリート」あるいは「グリート・デ・ドローレス」と呼ばれるのは、独立の指導者であったイダルゴ神父が1810年9月16日の朝にグアナファト州のドローレスという町で行った演説(グリート=叫び)のことです。

 故事に照らせば、9月16日の朝に行われるはずの「グリート」が15日の夜に行われるようになったのは、その後の権力者の都合に合わせようです。

 いずれにしろ、この行事はメキシコ人にとって非常に重要で、日本人が初詣に行くように、多くの人たちが「グリート」が行われる町の中心地に集まります。

 特に盛大なのは、メキシコシティの中心にある国立宮殿(下写真)で行われる「グリート」です。15日の11時になると大統領が宮殿に吊り下げられた鐘(ドローレスの教会にあったイダルゴ神父が鳴らした鐘を移した)を打ち鳴らし、次のように叫びます。


mex02.jpg


¡Mexicanos!(メキシコ人たちよ!)
¡Vivan los héroes que nos dieron patria!(我々に祖国を与えてくれた英雄たちよ万歳!)
¡Víva Hidalgo!(イダルゴ万歳)
-中略-
¡Viva la independencia nacional!(国家独立万歳!)
¡Viva México! ¡Viva México! ¡Viva México!(メキシコ万歳!)

 国立宮殿前のソカロ広場は数万の人で埋め尽くされ、愛国心を刺激された人たちの「メキシコ万歳!」の叫び声で大変な盛り上がりになるそうです。

 私も、以前、「グリート」を見に行きましたが、メキシコ人の友人たちから「ソカロは人が多すぎて危険だから、別の場所に行こう」と言われて、高級住宅街のコヨアカンの広場に行きました。


mex11.jpg
コヨアカンの公園


 ここでも「グリート」が行われるのですが、公園に隣接する小さな広場に周辺に住む地域の人たちが集まる程度ですから、危険な感じはありません。周辺にはたくさんの屋台が出ていて、家族連れが買い食いやそぞろ歩きを楽しむ地方都市のお祭りといった感じです。

 友人たちと屋台に座り、ジャイアントコーンと野菜や豚肉を煮た「ポソレ」という名物料理を食べ、広場から聞こえてくる「グリート」を聞いていると、すごく楽しい気分になったものです。

 この時期にメキシコにいるのなら、是非、近くの「グリート」を見に行って、メキシコの歴史に思いを馳せてみてはどうでしょうか。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村



タグ : グリート

第1回Vive Méxicoフェスティバル 開催!?

 2016-09-08
ibentmexico.jpg


 メキシコのアートや映画、コンサートなどが楽しめる「第1回Vive Méxicoフェスティバル」が東京のセルバンテス文化センター(東京都千代田区)で、9月12日(月)から開催されます。

 主催は、1996年に設立された「ナデーシダ」という国際文化集団。メキシコ文化を通してメキシコから世界への架け橋となることを目的にした活動をしているということです。

 具体的なプログラムは次のようになっています。

 9月12日(月)19:00~ オープニング
 展覧会「レシエンテ」、死者の日
 9月13日(火) 19:00~
 講演会「お盆から万霊節まで」、短編映画の上映
 9月15日(木)19:00~ コンサート:ボレロ~ランチェラ
 9月16日(金)19:00~ ダンス:ブランカ
 9月17日(土)15:00~ マルチアートショウ(演劇・ダンス・映像・音楽):メイド・イン・メキシコ

 映画やコンサートなど多彩な催しが行われるようですが、基本的に入場料が必要です。
 
 詳しくは以下のサイトへどうぞ。

 http://vivemexicotokyo.com/


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

 
タグ :

オダギリジョー主演のキューバ革命映画が作られる!!

 2016-08-04
2.jpg

 キューバ革命の際、チェ・ゲバラの部隊に参加した日系人、フレディ・前山を主人公にした映画「エルネスト」の製作が発表されました。監督は、「人類資金」や「北のカナリアたち」で知られる阪本順治、主役のフレディ・前山を演じるのはオダギリジョーだそうです。

 タイトルの「エルネスト」は、チェ・ゲバラの名前、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナのファーストネームですが、ゲバラがフレディ・前山をエルネストと名付けたそうです。ちなみに、ゲバラの名前のようになっているチェは、彼の口癖からついたあだ名です。

 この映画は、当然、キューバが舞台になるわけで、全編スペイン語となるそうです。このため、オダギリジョーは、この4月からスペイン語学学習に力を入れているそうです。
 スペイン語は英語などより発音しやすいのが利点です。もちろん、キューバのスペイン語とアルゼンチンのスペイン語はかなり発音が違いますが、日系人の役ですから、多少発音がおかしくても気にならないかもしれません。

 それよりも、日本とキューバの合作映画というと、1969年に製作された津川雅彦主演の「キューバの恋人」を思い出します。
 この映画には、当時、日本映画びいきだったキューバ人が大変に期待し、キューバで行われた撮影には、現地の人たちがかなり協力したそうです。ところが、完成した映画は、その期待に沿うようなものではありませんでした。

 私もこの映画を見ましたが、「何これ?」という感じ。協力したキューバの人たちはがっかりしただろうなと思いました。

 あまり知られていませんが、キューバというのは、文学や映画芸術の分野で非常に高いレベルにあるのです。この映画は芸術性や思想的深みを表現するものではないでしょうが、キューバを舞台にするのなら、少なくとも「見る価値がある映画」を作ってもらいたいと思います。

 キューバでの撮影は9月から始まり、公開はチェ・ゲバラとフレディ・前山の没後50年となる2017年の秋ということです。
 どうなるでしょうね・・・・。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村
タグ : チェ・ゲバラ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。