FC2ブログ

スペイン旅行記⑦ 5日目 白い町ミハス

 2019-05-24

ビーチリゾートの町フェンヒローラ


 スペイン最大のビーチリゾートとして知られるコスタ・デル・ソル(太陽海岸)には、マラガ周辺の町も含まれます。ビーチリゾートを楽しむなら比較的規模の大きな都市であるマラガより、周辺のトレモリーノスやフエンヒローラなど規模の小さな町のほうが向いているのです。

 4月下旬ではビーチを楽しむには早いですが、スペイン観光の目玉となっている「白い町」に近いということでフエンヒローラに行くことにしました。

 マラガの鉄道駅からセルカニアスと呼ばれる近郊線の電車に乗って約50分ほどでフエンヒローラに着きました。地下鉄のような駅から地上に出ると、通りの様子にも行き交う人々にも、リゾート地らしい華やいだ雰囲気が溢れています。

fuen02.jpg
地方の町を結ぶ近郊線の列車。

fuen01.jpg
フエンヒローラの駅は地下鉄みたい。

大人気の白い町ミハス


 午前11時。ホテルのチェックインには早い時間だったので、白い町に行くためにホテルで荷物を預かってもらいました。駅の方に戻ると、道路脇に大型バスが停まっており、「MIJAS(ミハス)」と書いてあります。すでにバスは満席に近い状態でしたが、なんとか座ることができました。その後も、どんどん客が増えて行き、かなりの人数が立ったままの状態でバスは出発しました。

 バスは左右に揺れながら坂道を登っていき、30分弱でミハスの中心部にある広場に着きました。向かいにツーリストインフォメーションがあったので、地図をもらうことにしました。冗談めかして「日本語の地図はないよね?」と係員に言うと、「あるよ!」と、どこかで聞いたような台詞が返ってきました。
 見ると、日本語、韓国語、中国語で書かれた地図でした。日本人などアジア人観光客に人気の観光地なんでしょうね。

 スペインには数多くの白い町がありますが、それぞれ異なった特徴を持っています。以前行った別の白い町は、全体の景観は美しかったのですが、町の中には何もないし、白壁ばかりで単調な景色ですから、通りを歩くのもすぐ飽きてしまいました。

 自然と調和した景観や町全体の美しさという点では、ミハスはこの白い町には及びませんが、観光地としてなら、観光ポイントが多く、レストランや土産物屋が軒を連ねるこちらのほうが何倍も楽しめると思います。

mijas04.jpg
ミハスは写真映えするスポットが多い。

mijas01.jpg
観光化がかなり進んでいる。

mijas03.jpg
とにかく白い町

気持ちのいい展望レストラン


 すでに昼時でしたので、ガイドブックに載っていたアルカサバという城砦跡にある展望レストランに行くことにしました。ここには複数のレストランがあるのですが、最も見晴らしがよさそうな席が空いていたピザレストランにしました。

 天気は快晴で、陽光が燦燦と降り注ぐテラス席です。目の前は緑に覆われたスペインの大地と、その先には霞んだ青さを見せる地中海が広がっています。フルーツが入った冷たいサングリアとピザとミックスサラダを注文しました。
 サングリアの甘みとアルコール分がいい気分にさせてくれました。ピザはそこそこの味でしたが、あまりの気持ちのよさに、このままシエスタ(昼寝)をしたくなりました。

mijas02.jpg
見晴らしがいい展望レストラン


mijas06.jpg
眺望は抜群。右にフエンヒローラの町が見える。その先は地中海。

 
 町の見所はいろいろとあるのですが、白い町ですから、白い街路などの景観が重要です。一番絵になる通りは、アルカサバの北側にあるサン・セバスティアン通りでしょう。ここにはレストランや土産物屋も多く、いつも観光客でにぎわっています。


mijas05.jpg
にぎやかなサン・セバスティアン通り

 午後、3時過ぎのバスで帰りましたが、このバスも混んでいました。土曜日ですから、外国人だけでなくスペイン人の観光客も多かったのだと思います。


夕食は絶品のパエリャ


 ホテルは海岸から1ブロックの場所にありました。夕方、海岸に出てみると、長いビーチを包む美しい夕景が見られました。海岸沿いにはリゾートマンションやホテルなどが建ち並び、レストランやカフェ、バルなども並んでいます。まさにリゾートの町という雰囲気で、夏に来たら楽しかっただろうと思いました。

fuen03.jpg
フエンヒローラの海岸

 夕食はバルやレストランが並んでいるモンカジョ通りでと思いましたが、どの店も混んでおり、なかなか決められません。適当なバルでビールとタパスで済ますのもいいのですが、さっき海岸で見た海鮮レストランが気になって行ってみました。

 他のレストランは通り沿いにあるのに、この店はビーチにありました。店はカジュアルな感じですが、ちょっと高級感もあり、おいしい料理を出してくれそうです。テーブルに着き、メニューを見ると海鮮パエリャがお勧めのようです。

 それならとパエリャ(二人分)を注文。それにビールとシーザーサラダを頼みました。
 サラダをつまみながら待っていると、来ました、海鮮パエリャ。二匹のスカンピ(手長エビ)と二匹のカラビネーロが入っています。豪華ですね。スカンピも高級食材ですが、カラビネーロはスペイン南部特産のエビでかなり高価だそうです。

fuen05.jpg
ビーチにある洒落たレストラン。

fuen06.jpg
絶品のパエリャ

 味は、おいしいに決まってます。また、量が多い。日本のレストランなら4人前くらいあります。スペインのパエリャと日本のパエリャの違いは、ジューシーさだと思います。もちろん、日本でもレストランによって異なるのですが、なぜかパサパサになっているパエリャが多いと思います。パエリャ鍋で米を炊いた後、オーブンに入れて水分を飛ばしているからでしょうか?

 スペインでは最後まで鍋で仕上げ、水分を残しますから、リゾットのような感じになっておいしいのです。
 ちなみに、パエリャ(二人分)は30ユーロ(約4000円)、サラダは7ユーロ(約1000円)、飲み物6ユーロ(約780円)で、計43ユーロ(5000円弱:税抜き)でした。

 今日は一日大満足の日でした。

fuen04.jpg
フエンヒローラのバルが集まった通り



スポンサーサイト

スペイン旅行記⑥ 4日目 マラガ

 2019-05-23

スペインの朝食はチョコレートとチュロス


 朝、目が覚めると8時半を過ぎていました。ちょっと寝すぎたかと思いながらホテルのベランダに出てみたのですが、街は静まりかえっていて早朝の雰囲気です。
 天気は回復したのですが、気温が低く、肌寒いのです。

 朝食をとるため、ダウンを着て外へ出ました。街に人通りは少なく、商店やレストランなどはほとんど閉まっています。金曜日の朝9時の街中の状態とは信じられません。

 歩いていると、開いているカフェを見つけました。かなりの客で賑わっていたので入ってみました。何を注文しようか迷っていると、隣の席の人が「ここはチュロスだよ」と言うので、チョコラテ(ホットチョコレートドリンク)とチュロスを注文しました。この組み合わせはスペインの朝食の定番です。ちなみに、チュロスの注文は1本ずつのところと、一皿2~3本のところがありますが、ここは1本でした。

maraga11.jpg
チョコラテとチュロスを出すカフェは多い。


 板チョコを溶かしただけといった感じの濃厚なチョコレートドリンクがおいしいです。これが甘い分、チュロスは甘みを加えないシンプルな味でよく合います。寒い朝には、こんなホッとする食べ物が最高です。価格も二人分(チョコラテ2杯とチュロス4本)で税込み5ユーロですから安いです。

 隣の御夫婦は、スペイン北部の町から来た観光客でした。「マラガがこんなに寒いとは思わなかった」と言うと、奥さんが「私たちも思わなかったわ」と笑っていました。今年は異常気象なのかもしれません。

maraga12.jpg
チョコラテとチュロス。店によって味が異なる。



マラガの中心部を巡る


 太陽が昇るにつれて気温も上昇し、活動するにはちょうどいい感じになりました。今日は、街の中心部にある観光ポイントを巡ります。目玉は、マラガ出身の画家ピカソの作品を展示した美術館です。

 マラガの中心部はトレドのような古い建物ではなく、ネオクラシックといった伝統とモダンが融合したデザインの建物が並んでいます。

maraga13.jpg
マラガ中心部には観光客がいっぱい。

maraga15.jpg
ピカソ美術館近くのメルセー広場はリゾート感に溢れている。

maraga14.jpg
美しい街路も多い。

 まずは、ピカソ美術館へ。10時過ぎに着いた時はあまり人が並んでいなかったのですが、見終わって出るころには入場を待つ人で長蛇の列ができていました。ピカソ美術館はパリ、バルセロナ、マラガと三つあります。マラガには約200点の絵画や彫刻などが年代順に展示されていて、それなりに見応えがあります。三つの美術館の中ではパリのコレクションが最も充実していますが、当然ながら、ここでしか見られないコレクションですので、ピカソ好きには見逃せない場所でしょうね。

maraga20.jpg
ピカソ美術館への入場を待つ人の列。

maraga17.jpg
ピカソの生家の前の公園にはベンチに腰掛けたピカソ像もある。

 マラガはカテドラルも立派です。ただ、スペインの各都市には競うように立派なカテドラルが建てられていますので、あまり違いが分かりませんし、ただ「凄いな…」と思うくらいですね。

maraga18.jpg
立派な塔を持つカテドラル。本来は右側にも塔が作られる予定だったが資金不足で工事が終了したそうだ。

maraga21.jpg
カテドラルの内部は荘厳な感じだが、どこのカテドラルも同じように見える。


絶景が楽しめるヒブラルファロ城


 夕方から、街の東にあるヒブラルファロ城に行ってみました。14世紀に作られた要塞で小高い丘の上に位置しています。

 街の中心から徒歩で40~50分ほどで登ることができるのですが、天気が良かったため、マラガ全体を一望できる眺めが素晴らしかったです。マラガ観光では、ここは外せない場所でしょうね。


maraga22.jpg
途中からの街の眺め。中央がカテドラル。その下にイスラム時代の要塞アルカサバがある。

maraga01.jpg
ヒブラルファロ城から見たマラガ港。右下に市庁舎がある。

 この日の夕食は、街を歩いている時に見つけた地元の人で満員のレストランでした。

 近くで、祭りのプロセッションが行われていたため、周囲は大勢の人で溢れていたのですが、窓から空いた席が見えたので入ってみました。

 客席の間を忙しそうに歩き回っているウエイターに声を掛け、赤ワインと壁のメニューボードに書かれている料理を適当に注文してみました。

 ピーマンの炒め物、エビの串焼き、トルティーヤ(スペイン風オムレツ)でしたが、どれもおいしくて、ようやくスペインのバルを楽しめた気分になれました。マラガはビノ・ドゥルセという甘口ワインの有名な産地ということで、これも飲んでみましたが、ただ甘いワインでした。


maraga09.jpg
頼んだ料理と赤ワイン。ビノ・ドゥルセには小ぶりのコップが使われていた。


スペイン旅行記⑤ 3日目 太陽海岸の中心地マラガへ!

 2019-05-22

maraga01.jpg
コスタ・デル・ソル(太陽海岸)の中心都市マラガ

スペインの高速列車AVEに乗る!


 この日は、あいにくの雨の中、トレドからマドリードに戻り、スペイン南部の主要都市マラガに向かいます。

 セマーナサンタ(聖週間)の真っ只中とあって、昼発のAVE(Alta Velocidad Española:スペイン高速鉄道)は満席。午後3時半発のAVEに乗りました。

 AVEの客車には、ツゥリスタ(2等車)、トゥリスタ・プルス(準1等車)、プレフェレンテ(1等車)の3つのクラスがあります。ツゥリスタは通路の左右に2列で計4席の並び、トゥリスタ・プルスとプレフェレンテは1列と2列の計3席の並びで、幅広のいい座席になっています。トゥリスタ・プルスは席がいいだけですが、プレフェレンテは食事や飲み物のサービスがあるようです。

AVE01.jpg
AVEの車両

AVE02.jpg
トゥリスタ・プルスの車内。車両の先頭席(右)は対面4人席になっている。

AVE03.jpg
飲み物と軽食を提供する車両もある。

 私たちは、もちろんトゥリスタです。ネット予約をするときに空いている座席を指定できるのですが、座席表の見方がよくわからなかったため、ちょっとしたミスを犯しました。前の人がいない車両の先頭の席がいいと思い、よく図を確かめずに指定したのです。

 実際に車両に乗り込んでみて驚きました。そこは対面4人席の後ろ向きだったのです。新幹線のように椅子を移動させることはできません。マラガまで約5時間、見知らぬ人と顔を突き合わせていなくてはならないと思うとへこみました。まあ、最後の1時間は他の席が空いたので移りましたが…。予約する際は、よく座席図を見て選んだ方がいいです。

マラガはお祭りの真っ最中!?


 マラガの駅はショッピングセンターと一緒になった新しい建物で、近代的で華やかな感じがします。マラガはセビリアと共にカトリックの重要な祭りであるセマーナサンタの行事を盛大に行う街として知られており、祭りの期間中はスペインのみならずヨーロッパ中から観光客が集まります。
 このため、ホテル代が高騰し、私が予約したホテルはツインが1泊2万円ちょっと。このホテル、祭りが終わった平日なら1泊6000円くらいでした。このため、最初は3泊予定していたのを2泊にしたのです。

 地図を頼りに迷いながら歩くこと15分。駅からそれほど遠くないところにひっそりと建つ、いかにもオスタル(安宿)といった感じのところでした。ただ、部屋はそれほど悪くなく、洗濯物がたくさん干せるバルコニー付きですし、ベッドもきれいで快適な感じです。

 窓の外ではセマーナサンタの音楽が流れており、プロセッションという神輿の行列がどこかで行われているようです。祭りの浮かれた気分が伝わってきて、私たちも町に出てみました。大勢の人が街角に集まっていて、賑やかな音楽は流れているのですが、特に行列があるわけでもなく、なんだか分かりません。雨がパラつくような天気の悪さが影響しているのかもしれません。
 聞くところでは、大きなプロセッションは夜から街の中心で行われるそうです。そこで、夜8時過ぎになってから出かけてみることにしました。


厳かなキリスト教の祭りだけど、残念!!


 この時期は夜9時ころになると、ようやく辺りが暗くなり始めます。街のメインストリートには大勢の人が集まり、キリストやマリアの像を乗せた大きな神輿を中心とした行列が厳かな音楽と共にゆっくりと進んでいました。しかし、沿道には厚い人垣ができていて、よく見えません。また、日本の神輿のように激しい動きをするわけではないので、見ていて面白いわけでもないのです。

maraga04.jpg
マリア像を載せたプロセッションの神輿がゆっくりと動く。

maraga02.jpg
こちらはキリスト像を載せた神輿。沿道には大勢の人が集まっている。


 以前、中米グアテマラのアンティグアでセマーナサンタを見たことがありますが、こちらのプロセッションは昼間に行われます。見物客もそれほど多くないので、道路に敷いた花の絨毯の上を移動する神輿や様々な衣装を着た参加者たちの動きがよく見えるなど、かなり楽しめました。

 しかし、プロセッションはやはり宗教行事です。全体的に沈痛な雰囲気で、厳かではありますが、「それだけ?」という感じ。キリスト教徒のような信仰や歴史への思い入れがない者は、すぐ飽きてしまうのでではないかと感じました。その上、悪いことに雨が降り出しました。

maraga03.jpg
行列の参加者はこんな感じ。

 ダウンは着ていたのですが、濡れたせいもありかなり寒くなってきました。人は多くても辺りはかなり暗いため安全面でも不安がありました。仕方なく、祭りはあきらめて夕食に行くことにしました。

 しかし、ただ街を歩いているだけでは、適当なレストランが見当たらないのです。結局、ホテルのそばのレストランでビールを飲み軽食を食べただけでした。食事に期待したのに残念!!



スペイン旅行記④ 世界遺産の町トレド!

 2019-05-21

都市景観の美しさで人気のトレド


 スペインには古い時代の雰囲気が保たれた町が数多く残されていますが、中でもトレドは都市景観の美しさや、歴史的建造物の多さなどによって人気となっています。


toledo04.jpg
古い町並みがよく保存されている。

toledo07.jpg
味のある街路が多い

 街の見どころとしては、ゴシック様式の壮麗な外観を持つカテドラル(司教座聖堂)や画家エル・グレコの美術館などがあるのですが、街全体が中世の建造物を保存した博物館のようなものですから、歩いているだけで発見や驚きがあって結構楽しいのです。

toledo05.jpg
カテドラルの正面

toledo06.jpg
エル・グレコ美術館

 特に見逃せないのは、街を取り囲むタホ川の対岸から望む街の全景です。展望台がある場所はちょっと遠いため、歩くのはきついのですが、便利な乗り物があります。トレイン・ビジョンという遊園地の機関車みたいなもので、街の中心にあるソコドベール広場の近くから出発して、街の主要なポイントを巡りながら対岸まで行くのです。客車に備えられたガイド装置ではポイントの解説を日本語で聞くこともできます。

toledo09.jpg
トレドの中心ソコドベール広場

toledo10.jpg
展望台から見たトレドの全景

 トレドの名物はマサパンというアーモンドを使ったお菓子です。スペインの伝統菓子というと、同じような材料を使ったトゥロンが有名ですが、個人的にはマサパンの方が好きです。
 カテドラルの近くにあるサント・トメ通りには「サント・トメ」というマサパンの名店があり、バラでも買うことができます。この通りは、トレドで最も賑やか通りです。土産物屋やカフェなどに交じって、スペインの定番ファストフード、生ハムのボカディージョ(サンドイッチ)を売る店などもあります。

toledo11.jpg
賑やかなサント・トメ通り

toledo12.jpg
ソコドベール広場のマサパンの店

toledo14.jpg
生ハムのサンドイッチ、ボカディージョが山積みで売られている。




タグ :

スペイン旅行記③ 2日目 古都トレドへ行く!

 2019-05-18

トレド行き高速列車AVANT!


 スペイン旅行二日目は、スペイン中部の代表的な古都であり、世界遺産にもなっているトレドに向かいます。
 トレド行きの列車はRENFEのアトーチャ駅を10時25分に出発するのですが、30分前に駅に到着。電光掲示板を確認するとトレド行きの列車が表示されており、出発場所が「PLANTA BAJA」となっています。アトーチャ駅のホームは二階建てになっており、「PLANTA BAJA(下の階)」と「PLANTA SUPERIOR(上の階)」に分かれているのです。

atocha05.jpg
アトーチャ駅は二階建て。電光掲示板で確認してから待合室の入り口へ。

 PLANTA BAJAは一階です。メイン通路を歩けば待合室に通じる入り口があり、空港と同じような荷物検査を受けてから中に入ることになります。

 空港のような広い待合室にも電光掲示板があり、出発15分ほど前になると列車が入るホームが表示されます。すると、大勢の人が表示された番号のホームに向かって移動を始めました。飛行機に乗るのと同じように乗客がホームの扉で列を作り、チケットを係員に見せると、係員は手にしたレーザー機器でバーコードを読み取って行きます。日本の新幹線の改札より合理的な感じです。

atocha06.jpg
PLANTA BAJAの入り口。荷物検査を受けてから中に入る。この時も係員にチケットを見せる。


 列車はAvant(アバント)という短距離を走る高速列車です。長距離を走るAVEの簡易版という感じ。車内もかなり年季が入っており、ボロいです。ただ、30分ほどですから問題ありません。

avant1.jpg
トレド行きのアバント


トレド駅から街の中心へ歩く


 トレド駅に到着し、街の中心部までの時間を聞くと、歩いて20分程度と言われました。ホテルも中心部にあり、天気がよかったので歩くことにしました。

 駅を出て5分ほどでトレドを囲むように流れるタホ川にかかるアサルキエル橋に到達しました。丘の上に中世スペインの重厚な建物が並んでいる景色が見られて、感動的です。


toledo1.jpg
駅から街に向かって歩く道の光景。


 ただ、ここからがきつかった。橋を渡ると長い坂道が始まります。天気が結構良く、気温も高いのです。重い荷物を抱えながら歩くと、息が切れてしまい、先の見えない坂道の上を眺めながら休憩です。ようやく坂の上に到達し、地図を確認しながらホテルを目指すのですが、道が良く分からない。10分ほどウロウロしていると、やっとそれらしき建物の前に出ました。

 大きな城壁に古い石の門があり、「アシエンダ デル カルデナル」という看板が出ています。ホテルというより博物館の入り口みたいです。中に入ると緑がいっぱいの広い庭になっており、ホテルの位置を示す看板があります。指示に従って進むと、洞窟のような雰囲気のいい通路がありエレベーターで受付のフロアに上がることができました。

toledo01.jpg
古城のようなホテルの入り口。

toledo02.jpg
ホテルの庭


 昔の貴族の館をホテルにしたということで、スペインの歴史的建造物を利用したパラドールというホテルに似た感じです。ホテルの内部も古城の雰囲気があり、なかなかいいです。部屋は古い雰囲気は残しつつも、一般的なシティホテルとそれほど変わりません。アメニティも感じのいいものが揃っています。これでツインの一泊が税込みで1万4000円程度でしたから、かなりお得だと思います。

toledo03.jpg
ホテルの内部。


 受付のおねえさんも、手際はあまりよくないものの、かなりフレンドリィで、チェックイン前に荷物を預けたりするのも気持ちよくできました。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫