スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

米国映画界を席巻するメキシコ旋風

 2018-03-06
water.jpg 
アカデミー賞4冠「シェイプ・オブ・ウォーター」

米国映画界の「スリーアミーゴス」


 アメリカのアカデミー賞の受賞作が発表になり、ギレルモ・デル・トロ監督の「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞を受賞。同作は監督賞、美術賞、作曲賞の4冠となりました。
 ギレルモ・デル・トロ監督はメキシコ出身ですが、近年、アメリカの映画界ではメキシコ出身の監督が大活躍をしています。特に有名な3人の監督は「The Three Amigos of Cinema」と呼ばれているそうです。
 この3人は、ギレルモ・デル・トロ(以下トロ)、アルフォンソ・キュアロン(以下キュアロン)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(以下イニャリトゥ)の3人です。
 最近のアカデミー賞を見ると、2014年に「ゼロ・グラビティ」でキュアロンが監督賞を受賞、2015年に「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でイニャリトゥが作品賞、監督賞を受賞、2016年に「レヴェナント: 蘇えりし者」でイニャリトゥが2年連続の監督賞を受賞といった具合。そして、2018年はついに3人目のアミーゴであるトロが作品賞、監督賞を受賞したわけです。

amigos.jpg 
スリーアミーゴス。左から、キュアロン、トロ、イニャリトゥ。


二人の監督を育てたメキシコ国立自治大学


 この3人のうち、キュアロンとトロはメキシコ国立自治大学で映画の勉強をしていました。この大学にはチェ・ゲバラ講堂という大きなホールがあり、ここでは学生向けに非常に安い料金で世界の良質な映画を見られるようにしていたのです。
 私が国立自治大学で勉強していた時には、授業が終わると、毎日のようにこの講堂に行き、映画を見ていました。二人の監督もたぶん頻繁にこの講堂で映画を見ていたはずです。
 当時、学生たちに人気があった監督は、メキシコ映画界に大きな影響を与えたソ連のセルゲイ・エイゼンシュテインや日本の黒澤明でした。日本では映画産業が不振な時代にメキシコでは良質な映画を求める多くの人たちがいて、1990年代に始まった革新的な映画運動である「ヌエボ・シネ・メヒカーノ」の元で多くの優秀な監督が育っていきました。その中に、この3人もいたのです。
 私が1993年当時、国立自治大学で見ていた映画はアメリカやヨーロッパ、日本の作品が多く、メキシコ映画はほとんどありませんでした。大学の別のホールでは「日本映画の若手監督の特集」と題された作品群も上映されていて、「日本映画はまだメキシコ映画より優れている」と、のんきに感じていたものです。

メキシコの映画運動が開花した2000年代


 ところが、2000年代になると、イニャリトゥの「アモーレス・ペロス(2000年)」、キュアロンの「天国の口、終りの楽園(2001年)」が登場します。この2作品を見たときに、「日本映画は完全に負けている」と思いました。
 方向性は大きく違う二人の監督ですが、いずれの作品も独創的で優れた世界観を持っていました。これだけの映画を作る力がメキシコから出てきたことに、大きなショックを受けたのです。
 その後、上述したように、二人はアメリカの映画界で活躍しました。そこに、2002年の「ブレイド2」の監督になった怪獣オタクのトロが加わります。2013年には芦田愛菜を起用したことで話題になった怪獣映画「パシフィック・リム」を作りましたが、私は“色物”的な感じで見ていました。
 ところが、今回の「シェイプ・オブ・ウォーター」ではアカデミー賞で堂々の4冠を達成する快挙です。
 今後、メキシコの「スリー・アミーゴス」がどのような活躍をするか楽しみです。私はまだ「シェイプ・オブ・ウォーター」を見ていませんので、とりあえず、見に行きたいと思います。


 


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
タグ :

グアテマラで6万ものマヤ文明の建造物が発見された!

 2018-02-26

mayareseacher.jpg 

 グアテマラ北部のペテン州を中心とした地域は古代マヤ遺跡の宝庫として知られていますが、近年、高性能のレーザースキャナーを使った調査を行った結果、ここに6万にも及ぶマヤ文明の建造物があることが分かったそうです。

 調査を行ったのは米テュレーン大のプロジェクトチーム。「LiDAR laser technology」と呼ばれる、遠距離から物体を感知できるレーザー光走査技術を用いて、ペテン州のジャングルをくまなく調べたそうです。

 これまで世界中の数多くの学者がペテンのジャングルを調査してきましたが、深い密林に埋もれた遺跡の調査は手間と時間がかかり、個別の都市の調査でさえ遅々として進んでいない状態です。まして、広大なジャングルの中にマヤ文明の都市遺構がどのように分布しているかといった全体像をつかむのは不可能とされてきたのです。

 プロジェクトの考古学者マーセロ・カヌト氏は「密林の下に何があるかを見るために、密林を切り開く必要はもはやない」と語ったそうです。この調査が進めば、新たな都市の発見と発掘調査のために大いに役立つのではないかと思われます。

 ちなみに、同プロジェクトでは、マヤ文明最大の都市とされているティカルの調査も行い、これまで自然の丘と考えられていたものが高さ30mに達するピラミッドだったことが分かったそうです。

tikal09.jpg 
マヤ最大のティカル遺跡も、ほとんど密林に埋もれている。


 それにしても、ペテン州に6万ものマヤの建造物が埋もれているというのは驚きです。隣接するメキシコやベリーズも調査したら、もの凄い数のマヤ遺跡が発見できるということになりますね。



よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村  
  にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村


白熱するメキシコの大統領選。鍵はトランプ大統領…?

 2018-02-01
 mexico1.jpg
                         メキシコシティ俯瞰

 大統領選挙に出馬する三候補

 
 今年7月にメキシコの大統領選挙が行われます。
 メキシコ大統領は任期6年で再選は禁止となっているため、次期大統領の座を巡って主要政党の候補者たちの戦いが加熱してきました。

 大統領選の主要候補者は3人います。

 一人目は現大統領が所属するPRI(制度的革命党)が公認すると見られるホセ・アントニオ・ミード氏(PRIの候補者正式決定は2月)。
Jose-Antonio-Meade.jpg 


 二人目は2000年と2006年の大統領選に勝利したPAN(国民行動党)の党首だったリカルド・アナヤ氏。
ricardo-anaya.jpg 


 三人目はMorena(国家再生運動)を率いるアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール氏(通称アムロ)。
lopez.jpg 


 メキシコの政治は難しく、非常に流動的です。各候補を支援する政党の立ち位置を確認すると、中道右派のPAN、伝統的な保守派のPRI、中道左派のPRD、左派のMorenaとなります。

 PRIのミード氏は前政権と現政権で財務公債相などを勤めた人で、2014年には外務大臣として来日しています。ただ、PRIの党員ではなく、政治家としての経験もないのです。こういう人を大統領候補にするとは、かつては絶対的な政治権力を誇ったPRIが窮地に陥っている証でしょう。

 PANも混乱しています。これまで、カルデロン前大統領夫人のマルガリータ・サバラ元連邦下院議員がPANの候補となると見られていました。ところが、中道右派のPANは中道左派のPRD(民主革命党)と選挙連合を組み、アナヤ氏を候補に立てました。メキシコの右派と左派が手を組むとは、ちょっと前までは考えられなかったことです。
 こうしたPANの動きに対し、マルガリータ・サバラ氏は反旗を翻して離党。独立系候補として選挙への出馬を狙っています。

 Morenaというのは2014年にできた左翼政党で、ロペス・オブラドール氏がリーダーです。この人は元々PRDに所属しており、メキシコ市の市長として活躍しました。その後、2006年と2012年の大統領選に出馬したのですが、敗北。その後、PRDを飛び出してMorenaを創設したのです。

 ロペス・オブラドール候補が優勢


 今回の選挙で、現在、支持率トップを走るのはロペス・オブラドール氏です。知名度が高い上、年金や福祉などで低所得者層への手厚い政策を打ち出していることへの期待も大きいのです。一方、現政権の政党であるPRIは汚職などでかなり評判が悪くなっています。

 また、今回の選挙の行方を左右しそうなのが米国のトランプ大統領です。

 メキシコは歴史的に米国の強い影響下にありました。かつては、アメリカに広大な領土を奪われたことがありますし、米国企業の経済的な収奪による苦しみを受けたこともあります。しかし、1994年に発効したNAFTA(北米自由貿易協定)により、メキシコ経済は大きな恩恵を受け、アメリカとうまく付き合うことが重要という考えが多くの人に定着したのです。アメリカとの関係改善に努めた保守派のPRIや右派のPANが政権を握ってきたことからもそれが分かります。

 ところが、トランプ大統領はメキシコを侮辱し、国境に壁を作るとか、NAFTAを自国の都合のいいように見直すなどといったことを言い始めました。

 これでメキシコ人の怒りに火がつき、トランプ批判を繰り広げたロペス・オブラドール氏に対する支持が集まっているのです。

 このまま行くとロペス・オブラドール氏が大統領になるでしょう。

 ただ、ロペス・オブラドール氏には大衆迎合という批判があり、大統領になれば国家財政は悪化し、アメリカとの関係も悪化、経済が停滞することも予想されます。

 そうなれば、メキシコに投資している多くの日本企業にとっても打撃となるなど、日本経済への影響も少なからずあるはずです。今後の成り行きに注目したいと思います。


よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村





タグ :

古代アンデス文明展が10月21日から始まる!

 2017-10-16
andes.jpg 

「古代アンデス文明展」が上野の国立科学博物館で10月21日(土)から2018年2月18日(日)まで開催されます。

 今回の展覧会は、1994年から国立科学博物館などで開催されてきた「黄金の都 シカン発掘展」、「世界遺産 ナスカ展」、「インカ帝国展」などのTBSアンデス・プロジェクトの決定版ということです。

 企画内容は、アンデス地域に人類が到達した先史時代から、16世紀のスペイン人の侵略まで、約1万5000年の間にアンデス地域で花開いた主要な9つの文化を取り上げるそうです。

 アンデス地域というと、一般にはインカ帝国とナスカくらいしか知られていませんが、インカより興味深い文化・文明は数多くあります。それらを知る機会ができるのは非常に有意義だと思います。

 ちなみに入場料は一般が1600円ですが、「金曜土曜限定 ペア得ナイト券」というのがあり、金曜土曜の午後5時以降にペアで入場すると二人で2000円になります。


よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

メキシコ地震被害のニュース映像

 2017-09-21

2.jpg 


 メキシコで起きたマグニチュード7.1の地震(現地時間19日午後1時14分)での死者が230人に達したようです。
 現地のニュース映像を見ると、地震の様子がよく分かります。 


 メキシコでは1985年にもマグニチュード8.0の地震があり、約1万人もの死者を出す大きな被害が生じています。このときの経験から、メキシコでは地震対策に力を入れていたはずですが、今回の地震でも建物の倒壊などで大きな被害を出す結果となりました。
 地震の被害を最小限にとどめるには、建物の耐震化が最も重要ということが証明されたように思います。


よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 



タグ : 地震
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。