クーデターで追放されたホンジュラスのセラヤ大統領が帰国

 2009-09-22
 6月28日の軍事クーデターで追放されたホンジュラスのマヌエル・セラヤ大統領が、9月21日に本国へ帰還したようです。

 クーデターで政権の座に着いたロベルト・ミチェレッティ氏はセラヤ大統領が帰国すれば逮捕するとしており、セラヤ大統領がこれまで試みた入国はすべて阻止されていました。このため、ミチェレッティ政権は、当初、セラヤ大統領が帰国したという情報に対して「ありえない」と否定していたのです。


セラヤ大統領の帰国を否定するミチェレッティ氏


 しかし、首都テグシガルパにあるブラジル大使館がセラヤ大統領を保護していることが明らかになりました。その後、ブラジル大使館にはセラヤ大統領支持派の人々が集まってきており、ミチェレッティ政権はホンジュラス全土に外出禁止令を発令したということです。

 この問題に対して米州機構(OEA)は、コスタリカのオスカル・アリアス大統領が7月に提案した「サンホセ合意」を受け入れるように要求しています。その主な内容は、次のようになっています。

・セラヤ大統領の復職
・双方代表を含む「団結のための政府」の設置
・合意遂行を監視する「実証委員会」の設置
・選挙の一ヶ月繰り上げ(10月最終日曜日の実施)
・セラヤ大統領に対し、今後非合法的ないかなる世論調査、国民投票の実施をも控えることを求める

 これに対し、ミチェレティ政権はセラヤ大統領の復職に同意せず、対話は暗礁に乗り上げています。また、ニカラグアのオルテガ大統領も団結のための政府の提案は「クーデターを起こした犯罪者と合法的な政府を一緒にしようなどというのは非常識」と批判しています。

 そんななか22日にはOEAのホセ・ミゲル・インスルサ事務局長がテグシガルパに向かうということで事態の打開が期待されているところです。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :

ホンジュラスの大統領が追放。軍のクーデターか?

 2009-06-29
 6月28日。中米のホンジュラスでセラヤ大統領が軍に拘束され、コスタリカに追放されたというニュースが入ってきました。

 軍の責任者で大統領によって陸軍参謀長の職から更迭されたロメオ・バスケス将軍は、この事態を「クーデターではない」と説明しているが、マスコミなどは事実上のクーデターとみているようです。

 下の映像は6月28日にコスタリカに到着したセラヤ大統領が、ホンジュラス国民に向けて「私はホンジュラス人民の大統領である」と話す様子が撮影されています。




 事の発端は、セラヤ大統領が任期切れになる来年1月以降も引き続き政権を握り続けるため、憲法で定められた大統領の再選禁止規定を改正しようとしたことにあります。

 6月28日に憲法改正のために必要な手続である国民投票を行うことになっていたのですが、これに対して軍や裁判所が反対して政治的対立が続いていたのです。また、この国民投票にたいしては野党だけでなく与党からも非難の声が上がっている状況でした。

ホンジュラスの大統領が追放。軍のクーデターか? の続きを読む

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫