メキシコ地震被害のニュース映像

 2017-09-21

2.jpg 


 メキシコで起きたマグニチュード7.1の地震(現地時間19日午後1時14分)での死者が230人に達したようです。
 現地のニュース映像を見ると、地震の様子がよく分かります。 


 メキシコでは1985年にもマグニチュード8.0の地震があり、約1万人もの死者を出す大きな被害が生じています。このときの経験から、メキシコでは地震対策に力を入れていたはずですが、今回の地震でも建物の倒壊などで大きな被害を出す結果となりました。
 地震の被害を最小限にとどめるには、建物の耐震化が最も重要ということが証明されたように思います。


よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 



スポンサーサイト
タグ : 地震

パレンケ遺跡の碑銘の神殿から水路が発見された!!

 2016-07-27

paren1.jpg


 マヤの遺跡パレンケで調査を行っていた考古学者が、碑銘の神殿の地下で水路を発見したそうです。
 メキシコの国立人類学歴史学研究所(INAH)の発表によると、この水路は、多方向に延びており、神殿が造られる前に建設されたものということです。発見当時、主要な水路にはまだ水が流れていたそうです。

 調査に当たった考古学者は、水路が給排水施設の一部であったかもしれないが、神殿の主である、パカル王を死者の国へと導く通路として、象徴的にこの水路を設計した可能性もあるとしているそうです。


palenquesuiro1.jpg
 碑銘の神殿の構造図。地下部分に水路が通っている。右側の丸い写真が水路のトンネル。


 パレンケの碑銘の神殿といえば、1952年6月15日にパカル王の墓が発見されたことで有名です(上図の赤い部分に石棺があった)。これにより、それまで、マヤのピラミッドは神殿の土台だとされていた定説が覆り、エジプトと同じように王の墓として作られたケースがあることが証明されたわけです。 また、パカル王が被っていたヒスイの仮面や遺体が収められた石棺の蓋の不思議な彫刻も注目されました。

 今回の発見は、どれほど重要かは分かりません。ただ、数多いマヤの王たちの中でもパカル王はいろんな話題を提供してくれますね。これから先、神殿からどんなものが発見されるか、楽しみです。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
タグ : パレンケ パカル王

米国の研究者がマヤ王の石碑を発見した!!

 2015-08-24
 日本経済新聞のWeb版(8月22日)に、ナショナルジオグラフィックのニュースとして「マヤ王の石碑を発見」という記事が掲載されていました。

 この記事自体は、7月31日にナショナルジオグラフィック日本版のニュースに掲載されたものです。
 記事の内容は、何を言いたいのかよく分からないものでしたが、それはマヤ文明のことが、まだ、よく分かっていないことの証しのような気がします。

 要約すれば、先古典期(紀元250年以前)のマヤの遺跡から、古典期(紀元250年以降)に作られた石碑が出てきたということで、発掘した研究者が驚いたということです。それは、それほど珍しいことでもないと思うのですが・・・・。


maya2015.jpg
発見した石碑の前で、左が米テュレーン大学中米研究所のマルセロ・カヌート氏、右は石碑を発見したテュレーン大学院生のルーク・オールド=トーマス氏。


 それよりも、この記事で、私にとって興味深かったのは、紀元378年にテオティワカンから来たシヤフ・カック率いる軍勢が、ティカルを支配し、マヤ地域の大変革を引き起こしたということですね。この説は、特に目新しいものではないのですが、マヤの歴史がいかに複雑で、謎が多いかを再認識させられました。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村



タグ : ティカル

全日空がメキシコ直行便を就航させる!

 2014-07-30
 7月27日の日本経済新聞によると、全日本空輸がメキシコに直行便を就航させる検討を始めたそうです。

 これは、メキシコ訪問中のANAホールディングスの伊東信一郎社長が、会見で明らかにしたものです。全日空は2016年度までに国際線の便数を13年度比で45%増やす方針ですが、メキシコを、今後、旅客数の伸びが予想される中南米への玄関口ととらえて、直行便の就航を計画しているようです。

 メキシコ直行便は、日本航空が2010年に撤退してしまい、現在は、アエロメヒコ航空が成田~メキシコシティ間を週4便運航しています。

aeromexico.jpg
成田~メキシコシティを結ぶアエロメヒコの新鋭機B787


 この便は米国を経由しないため、面倒な米国入国審査がなく、非常に便利です。さらに、成田から出る便は約10時間でメキシコシティに到着するため、米国の航空会社を使うのと比べ、メキシコがずいぶんと近く感じます。

 ただ、メキシコシティ発は、途中のティファナを経由するため、行きに比べ3~5時間も時間がかかるという問題があります。

 全日空の直行便が途中経由をなくせば、多少値段が高くても利用客にはメリットがあるはずです。また、アエロメヒコの便も競合相手ができることで、価格競争が起きる可能性もあります。

 全日空メキシコに直行便の内容次第では、カンクンや中南米諸国にも、アメリカを経由しないで行く人が増えるでしょう。

 利用者にとってはいいことだらけの全日空メキシコ直行便に期待したいと思います。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


タグ :

また、チリでM8.2の大地震が起きた‼!

 2014-04-03
 4月1日、南米チリでマグニチュード8.2の地震がありました。



現地のニュース


 チリの地震というと、1960年に起きたマグニチュード9.5(推定)に達する大地震が有名です。これによって引き起こされた津波はハワイを襲った後に日本にも到達し、死者行方不明者142人という被害をもたらしました。

 今回の地震はこの時ほどの規模ではありませんでしたが、テレビニュースなどで盛んに津波に対する警戒を呼びかけたのは、3.11だけでなく、この時の経験があったことも大きいでしょう。

 チリは、定期的に大きな地震に襲われています。前回は、2010年に起きたマグニチュード8.8の地震で、この時は800人を超える死者が出たとされています。

 今回は、今のところ死者が6人と比較的被害が軽い状況です。この理由は、この地域では建物にアメリカのカリフォルニア州同様の建築基準が適用されていためとされます。建物が頑丈なために倒壊が少なく、死傷者も少なかったということです。

 地震があったチリ北部の海岸部は、漁業が盛んに行われており、気候がよくて、住みやすい土地柄です。以前、この近くでとったカツオを刺身にして、腹いっぱい食べたことがありました。

 まだ、余震も続いているようですが、早く、地震活動が収まり、じゅみんの人たちが普段の生活を送れるようになればいいと思います。
 


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫