FC2ブログ

誤解するだろ「世界の村で発見! こんなところに日本人」

 2011-10-10
 昨日、テレビ朝日の番組「世界の村で発見!こんなところに日本人5」というのをやっていました。

 世界中の秘境っぽいところに住む女性をタレントが訪ねていくだけの番組ですが、ちょっとその作り方に疑問を覚えました。

 「こんなところに日本人が!」という驚きを演出するため、現地を必要以上に厳しい環境にあるように描いているからです。

 私が行った経験があるグアテマラのキリグア編を紹介してみましょう。

 グアテマラの空港にお笑い芸人のレポーターが到着します。彼には通訳がついているものの、ストーリー的には現地事情を何も分からず、言葉も通じないレポーターが、現地の人に尋ねて目的地に向かうことになっています。最初は、道端のおっちゃんやおばちゃんにキリグアへの行き方を聞くため、目的地への交通手段がよくわからないのです。結局、おんぼろバスに乗って、とんでもない山道を苦労してキリグアに向かい、途中で食い物も満足にない村に泊まることになります。

 また、途中で幻の鳥ケッツアル鳥を見つけに行ったりするのですが、それは道中があまりに単調なので仕方なく笑えるエピソードを挿入したのでしょう。そして、苦労してキリグアに着いたという風を装い、そこがとんでもない熱帯のジャングルに包まれたようなところという印象を視聴者に与えます。また、女性が住んでいるところも、水がないとか電気がないとかいっていました。

 私がキリグアに行ったのは10年以上前のことで、この女性が住む宿はまだありませんでした。実は、このキリグアに行く道路を私が最初に通ったのは30年ほど前になります。その頃のグアテマラは反政府ゲリラとの内戦の真っ最中で、このテレビ番組そのままの厳しい旅でした。ただし、当時でもキリグアへの入り口にあたる幹線道路はそれほど状況が悪くなく、比較的簡単に行けたのです。ただ、バスはこの番組の通りでした。私は、バスが満員ぎゅうずめ状態で約24時間かけて北部密林地帯のフローレスという町まで行ったのです。キリグアまではグアテマラシティから4時間から5時間の行程ですから、問題になりません。

 その後、グアテマラの治安は回復し、交通網もかなり発達しました。10年前にキリグアに行った時は、かなり快適な大型バスを使い、一眠りしている間にキリグア遺跡への入り口となる場所につきました。ここからはキリグア遺跡まで中型のバスが一時間に一本の割合で出ていたため、何の苦労もなく遺跡に到着しました。

 キリグアは、首都グアテマラシティとカリブ海側で最も重要な港があるプエルト・バリオスを結ぶグアテマラで最も整備された幹線道路沿いにあります。このため、道路は頻繁にトラックやバスが行きかっています。帰りは、幹線道路に出て、やって来るバスに手を挙げれば止まってくれます。私は何台かのバスをやり過ごして、新型のき綺麗なバスを止めました。乗り込むと冷房がバッチリ効いていて、内装は日本のバスとほとんど変わらないほどきれいでした。また、女性スタッフが乗っていて、コカコーラやジュースなども売ってくれたのです。

 この番組を見て、キリグアに行きたいけどこんなに苦労するのは嫌だなと思った人がいたら、それは間違いです。ちゃんと観光局などの事務所で聞けば快適に旅行できるようになっています。また、現地に泊まっても宿泊客がそんなに不便を感じることはないし、食べ物もそんなにまずいわけではありません。私の経験では、メキシコの料理よりグアテマラ料理のほうがはるかにおいしかったのです。

quiri1.jpg
マヤで最も背が高い石碑と言われるキリグアの石碑E

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

今週の「世界遺産」はホンジュラスのコパン遺跡

 2011-09-01
 今回もテレビ番組の紹介です。

 9月4日(日)夕方6時から放送されるTBSの番組「世界遺産」では、ホンジュラスのコパンが取り上げられます(BS-TBSは9月10日の放送)。

copa01.jpg
コパン遺跡の広場に立つ石像


 コパンは、数多いマヤ文明の遺跡の中でも比較的規模が大きく、他の遺跡では多くが失われてしまったマヤ特有の精緻な石の彫刻が数多く残されていることで知られる遺跡です。また、日本の調査団が発掘を進め、重要な発見が相次いでいるという日本にとっては特別な遺跡でもあるのです。

 私は、この遺跡が大好きで、これまでに3回行きました。個人的にはマヤの3大遺跡の一つに数えたいと思うほどです。ただ、ホンジュラスというマイナーな国にある上に、首都から遠く離れたちょっと行きにくい場所にあることから日本ではあまり知られていないのが残念です。

 注目したいのは、遺跡の発掘調査が進んだことで、古代都市コパンをめぐる様々な謎が解明されつつあるらしいことです。それがどんなことなのか、ちょっと期待して見たいと思います。


 9月6日(火) 午後8時からは、NHKのBSプレミアムで「旅のチカラ:果たせなかった約束・アンデス氷河の巡礼」という番組が放送されます。

 これは、妻を病気で亡くしたカメラマンがペルーのアンデスにある先住民たちの聖地を訪れるという企画です。

 アンデスの高知ではコイユルリテ(星と雪の祭り)という祭りが6月に行われるのですが、標高5000メートルの山の上にある聖地に多くの先住民が上り、そこでさまざまな儀式を行うのです。雄大だが過酷なアンデスの自然の中で行われる壮大な祭りは一見の価値ありです。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


タグ :

NHK‐BS「太陽の民 マヤ」を見た

 2011-07-06
 昨日、NHKのBSプレミアムで「太陽の民 マヤ ~いま明かされる驚異の暦~」という番組をやっていました。

 中米に花開いたマヤ文明が高度な天文学に通じていたことはよく知られています。この番組では、それが具体的のどのようなものであったかを、複数の遺跡の構造や建物の役割、マヤ文字の記録などを通して明らかにしていきます。

 例えば、チチェン・イツア遺跡のククルカンの神殿と呼ばれるピラミドは、春分の日と秋分の日にククルカン(羽毛の蛇)の影が現れるように作られているのは有名ですが、番組では、なぜそのような仕組みを作ったのかを示すと共に、それを可能にした高度な天文知識をマヤの人たちがどのようにして得たのかを解説しています。


chiche2.jpg
チチェン・イツア遺跡のククルカンの神殿


 マヤの天文学が当時としては世界で最も進んでいたことは、かなり知られていることではあります。しかし、遺跡や石碑を使ってそれを検証することでその凄さが実感できました。特に面白かったのは、ある遺跡に建てられている石碑の記録からマヤ人は1年を365.2420日と計算していたことが分かったということです。ちなみに、これは現代の科学を用いて計算した365.2422日とわずか0.0002日しかずれていません。これは、同時代のヨーロッパの暦よりはるかに正確だったのです。

 番組では、これまであまり紹介されたことがないカラクムル遺跡やマヤパン遺跡などが紹介されていました。こういう番組を見ると、すぐにでも現地に行きたくなりますね。

 なお、この番組は、7月11日 (月)の午前8:30からと、7月 12日 (火)の午後9:00から、NHK‐BSプレミアムで再放送されます。マヤ文明に興味がある方はご覧ください。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

NHK「南米大陸一周165日の旅」放送中

 2010-08-17
 8月15日からNHKのBSハイビジョンで「南米大陸一周165日の旅」という番組が始まりました。19日までの5回シリーズで、放送時間は夜9時から10時半までです。内容は以下のようになっています。

 8月15日(日)アマゾン源流地帯とアンデスを行く~エクアドル・ペルー~
 8月16日(月)アンデスに刻まれた時を駆ける~ペルー・ボリビア・アルゼンチン・チリ~
 8月17日(火)風と虹のパタゴニアを越えて~アルゼンチン・チリ・ウルグアイ~
 8月18日(水)歓びの色 哀しみの色~ブラジル~
 8月19日(木)大河アマゾンとギアナ高地~ブラジル・ベネズエラ~

 私は、残念ながら第1回を見逃してしまいましたが、昨日の第2回を見ました。
 内容は、大型トラックにバスのような客室を設けた車両に、世界の様々な国から来た人達が乗って南米一周の旅をするというものです。
 出発地は、南米のエクアドル。昨日の放送までに、トラックはペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリを回りました。旅の感じとしては、パックパッカー風の国際的ツアー旅行です。個人で南米大陸を旅行するのは無理だが、単なるツアー旅行じゃ物足りないという人が、バックパッカー的な貧乏生活を送りながら、個人力ではなかなか行けない場所までくまなく回る旅をするわけです。

 観光地を紹介するのが目的ではないため、番組では旅行する参加者の様子や感想を紹介することに時間がかなり割かれています。そんな中でも、個人旅行ではあまり行けない場所が紹介されていて、なかなか楽しめる内容になっています。時間があまりないためでしょう、駆け足で各国を通り過ぎていってしまい、見たい場所がほとんど出てこないのは残念ですが。

 今日は、トラックがアルゼンチンのパタゴニアに行き、氷河地帯の美しい光景や、南米南端に住むペンギンなどの動物のコロニーなどが紹介されるようです。

bbch.jpg
トラック旅行の主催会社ドラゴマンのパンフレット

 ところで、このような長期のツアーを行っている会社はイギリスに多いようです。ドラゴマン、エクスプローラー、オアシスオーバーランドなど様々な会社があります。参考までにURLを紹介しておきます。こういう旅に興味のある人は問い合わせてみたらいかがでしょうか。
http://www.dragoman.com/
http://www.oasisoverland.co.uk/


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

2月放映のラテンアメリカ関連テレビ番組の紹介

 2010-02-04
 今日は、2月放映のラテンアメリカ関連テレビ番組を紹介します。
 すべてBSというのが難点ですが、BSを見ることができる人は是非、御覧下さい。

antigua011.jpg
トラベリックスⅢで紹介するグアテマラの風景

 個人的におすすめなのは、7日(日)の「トラベリックスⅢ」ですね。この番組は、これまで2週続けてメキシコを取り上げていまして、前回は「オアハカ」でした。特に印象に残ったのは、メキシコを代表する料理である「モレ」の作り方を詳しく紹介していたことです。メキシコ料理におけるモレの存在は非常に大きいにもかかわらず、日本ではほとんど知られていないと思います。私も、メキシコにいたときは、何種類かのモレソースの料理を食べました。そのことを思い出して懐かしかったですね。

 それから、25日の「世界ふれあい街歩き」もおすすめです。メキシコのパツクアロというのは、死者の日の行事で有名なところですが、コロニアルスタイルの街が素晴らしい雰囲気を出しています。メキシコでは、いろいろな街にいきましたが、私の印象では、一、ニを争う素晴らしさです。

パツクアロについては下記参照
http://www.latenamerica.com/patukuaro.html

 2月7日(日)21:00~21:54 BS日テレ
 トラベリックスⅢ~世界体感旅行~「グアテマラ」

 2月7日(日)21:00~22:54 BSジャパン
 世界絶景シリーズ「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」

 2月11日(木)22:00~22:45 NHK-BShi
 世界ふれあい街歩き 「サント・ドミンゴ:ドミニカ共和国」

 2月17日(水)20:00~20:55 BS朝日
 BBC地球伝説 「古代の黙示録~マヤ文明の崩壊」

 2月24日(水)20:00~20:54 BS-TBS
 世界・夢列車に乗って「創世の湖・チチカカ湖を発つ」

 2月25日(木)22:00~22:45 NHK-BShi
 世界ふれあい街歩き「パツクアロ:メキシコ」

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫