FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

グアテマラのラ・コロナ遺跡で王の祭壇を発見!

 2018-09-22

corona01.jpg 


 中米グアテマラの北部に位置するラ・コロナというマヤの遺跡から発見された1500年前石の祭壇がグアテマラ国立考古学民俗学博物館に展示されたというニュースがありました。
 
 石灰岩の祭壇には、ラ・コロナを支配していたチャック・トック・イチャーク(Chak Took Ich'aak)王が杖を持って座っている様子が彫刻されており、重さは約1トンということです。

 記事には祭壇は最近発見されたと書かれていますが、他のニュース記事には昨年発見されたものだと書かれています。たぶん、昨年発見され、今年9月中旬に博物館に展示されたということでしょう。




 王を象った石の彫刻などはマヤでは珍しいものではないのですが、このラ・コロナという遺跡が面白いのです。

 ラ・コロナは1997年に発見された規模の小さな古代都市で、発見当初は、研究者たちには、あまり重要な遺跡と考えられていなかったようです。このころ、各地の博物館に盗掘によって持ち出されたと考えられる優れた彫刻を施した石版があり、その出所がどこか議論になっていました。

 これを研究したオーストラリアの考古学者が、とりあえず出所を「Q遺跡」と名づけたのです。その後、一部の学者がラ・コロナがQ遺跡であるという説を唱えました。

 そして、2005年にラ・コロナ遺跡に対するアメリカとグアテマラの共同発掘調査が行われ、Q遺跡がラ・コロナだったと証明されたのです。従って、ラ・コロナから発掘された石の彫刻は、すでにいくつも存在していたのです。

 さらに、海外のメディアが注目しているのは、ラ・コロナが蛇の王国(カーヌル王国)と呼ばれた強力な王朝の同盟国であったことです。西暦500年ころ、この地域の覇者であったティカル(グアテマラの世界遺産)に対し、蛇の王国の中心都市であったカラクムル(メキシコの世界遺産)が対立していたのです。

 カラクムルは周辺の諸都市と同盟を組んで勢力を拡大します。ラ・コロナは520年に蛇の王国と婚姻関係を結んだとされています。そして、562年についに蛇の王国はティカルを打ち破って覇権を握ったのです。

 それから約130年の後、ティカルは勢力を取り戻し、カラクムルと同盟都市を打ち負かしました。こうして、ラ・コロナなどもマヤの歴史から消え去っていったのです。

 こうした歴史は最近の碑文の研究などから分かってきたもので、まるでアメリカで人気のテレビドラマシリーズである「ゲーム・オブ・スローンズ」の覇権争いのようだというのです。このため、このラテンアメリカのこのニュースには「Juego de Tronos(ゲーム・オブ・スローンズのスペイン語約)」というタイトルが付けられています。

 このドラマは知りませんが、日本で言えば戦国時代のような戦いがマヤでも繰り広げられていたのです。今後、ラ・コロナやカラクムルなどの調査の進展によって、更に詳しいマヤ諸都市の栄枯盛衰が明らかになることが期待されます。

よろしければワンクリックお願いします。 
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

メキシコの世界遺産パレンケ遺跡で王の仮面発見!!

 2018-09-07

pacal2.jpg 


 8月下旬、メキシコの世界遺産であるパレンケ遺跡で、パカル王をかたどったとされる漆喰装飾の仮面が発見されたというニュースが伝えられました。

 パカル王というのは、メキシコのチアパス州にあるマヤ文明の古代都市パレンケを統治したキニチ・ハナーブ・パカルⅠ世(西暦603年-683年)のことです。

 この時代のマヤは有力都市間の戦争が盛んにおこなわれており、他都市の侵略から自分たちの都市や住民を守ることが大変な時代でした。そんな中で王となったパカルは、マヤ文化圏西端に位置する小国であったパレンケを強力な武力を有する大国に変貌させたのです。

 実際にパレンケをみると、規模の大きなピラミッド型神殿や宮殿などが数多く残されており、数多いマヤの都市の中でもかなり強力な都市であったことが想像できます。

 パカル王が注目されるようになったのは、メキシコの考古学者アルベルト・ルスが1952年に碑銘の神殿で発見した王墓からです。そこにあった巨大な石の棺の蓋にパカル王の姿がレリーフされており、棺の中にあったパカル王と推測される遺体にはヒスイの仮面がかぶせられていました。また、墓室からはパカル王の漆喰の像も発見されています。

museo09.jpg 
パカル王の墓(復元模型)

 今回の仮面は、今年の1月から始まったパレンケの保全プロジェクトによって、El Palacio(宮殿)と呼ばれる建造物の修復作業をしている際に発見されました。同じ場所からは、様々な動物の骨や水生植物なども出てきており、マヤの儀式の供え物であったと考えられます。


paren2.jpg 
「エル・パラシオ(宮殿)」と呼ばれる建造物。


 仮面の顔をパカル王と推測したのは、王墓の発見によってパカル王の顔立ちが分かっていたからです。

 パレンケはマヤの遺跡の中でもかなり発掘調査や観光開発が進んでいる方なのですが、まだ、調査や発掘が進んでない部分はたくさんあります。ジャングルに覆われた巨大遺跡だけに、今後も、遺跡整備や発掘調査の進展によって新たな発見につながる可能性は高いと言えます。

パレンケ遺跡についてはこちらを参照。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村


タグ : パレンケ パカル

グアテマラで6万ものマヤ文明の建造物が発見された!

 2018-02-26

mayareseacher.jpg 

 グアテマラ北部のペテン州を中心とした地域は古代マヤ遺跡の宝庫として知られていますが、近年、高性能のレーザースキャナーを使った調査を行った結果、ここに6万にも及ぶマヤ文明の建造物があることが分かったそうです。

 調査を行ったのは米テュレーン大のプロジェクトチーム。「LiDAR laser technology」と呼ばれる、遠距離から物体を感知できるレーザー光走査技術を用いて、ペテン州のジャングルをくまなく調べたそうです。

 これまで世界中の数多くの学者がペテンのジャングルを調査してきましたが、深い密林に埋もれた遺跡の調査は手間と時間がかかり、個別の都市の調査でさえ遅々として進んでいない状態です。まして、広大なジャングルの中にマヤ文明の都市遺構がどのように分布しているかといった全体像をつかむのは不可能とされてきたのです。

 プロジェクトの考古学者マーセロ・カヌト氏は「密林の下に何があるかを見るために、密林を切り開く必要はもはやない」と語ったそうです。この調査が進めば、新たな都市の発見と発掘調査のために大いに役立つのではないかと思われます。

 ちなみに、同プロジェクトでは、マヤ文明最大の都市とされているティカルの調査も行い、これまで自然の丘と考えられていたものが高さ30mに達するピラミッドだったことが分かったそうです。

tikal09.jpg 
マヤ最大のティカル遺跡も、ほとんど密林に埋もれている。


 それにしても、ペテン州に6万ものマヤの建造物が埋もれているというのは驚きです。隣接するメキシコやベリーズも調査したら、もの凄い数のマヤ遺跡が発見できるということになりますね。



よろしければワンクリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村  
  にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村


世界の終わりの日がやってきた!!

 2012-12-20
 いよいよ、マヤの予言とされる世界の終わりの日(12月21日)がやってきました。こういう話題は多くの人が関心を持つようで、数日前からテレビなどのマスコミでも盛んにこのことを取り上げていました。

 テレビ番組などでも解説していたように、2012年12月21日は5126年周期になっているマヤの長期暦が終わりを迎えるわけです。では、12月22日はどうなるかというと、世界が消滅しているわけではなく、次の長期暦がスタートするだけです。西洋暦では、100年周期になっている世紀が終われば次の新しい世紀が始まります。それと同じです。

 20世紀が終わるときにも、世紀末の予言が話題になりました。「世界の終わり」騒動はこれと同じ社会現象と言えます。

 こうした終末論は、キリスト教徒が特に好きなようで、聖書の黙示録がよく引合いにに出されます。しかし、どこの文明でも、多かれ少なかれ終末論はあるようです。

 例えば、仏教にも末法という考えがあり、釈迦の死後1500年あるいは2000年後には仏教が力を失ってしまう世界になるとされています。

 また、メキシコを支配したアステカ文明は、王が終末論を信じたことが文明崩壊の要因とされています。ちなみに有名なアステカのカレンダーには5つの太陽が彫刻されており、アステカ隆盛の時代の前に4つの太陽の時代があったことが示されています。

 マヤ文明も、終末論と同じような運命論に支配されていたのは有名です。このため、多くのマヤの都市が突然放棄された原因が、この運命論とする研究者も多いのです。

 終末論も真剣に信じると困ったことになるわけですが、変わった話題を楽しむという感じならいいのではないかと思います。
 
 ちなみに、この話題のおかげで、私の写真が「本当に怖いマヤの予言(監修:マギー、イースト・プレス刊)」という本のカラー口絵に掲載されました。

本当に怖いマヤの予言



 考えてみれば、12月21日はマヤの壮大な長期歴の一時代の終わりであり、12月22日は5000年以上続く新時代が始まるおめでたい日といえます。これまではマヤの人々にとって苦難に満ちた時代だっただけに、新しい時代は幸せが続くことを願うばかりです。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
タグ :

グアテマラでマヤの「夜の太陽の神殿」を発見

 2012-07-25
 グアテマラ北部のジャングルに眠るマヤの遺跡、エル・ソツ(El Zotz)で、高さ1.5mの漆喰マスクが壁面に据え付けられた「夜の太陽の神殿(El Templo del Sol Nocturno)」が発見されたということです。


elzotz.jpg


 エル・ソツ遺跡は、マヤ最大級の古代都市ティカルの西20㎞に位置する小規模な都市だったと考えられています。

 2010年ころ、サイトを調査していた考古学チームが、高さ13mのピラミデ・デル・ディアブロ(悪魔のピラミッド)を発掘し、その頂上で王墓を見つけました。ここに葬られているのはエル・ソツの最初の王だと考えられています。時代は西暦350年~400年とされています。

  その後も発掘調査が進められ、最近になってピラミデ・デ・ディアブロの後方のジャングルの中から夜の太陽の神殿を発見したということです。

 夜の太陽の神殿という名は、壁面の漆喰彫刻に由来します。神殿の壁面には高さ1.5mの漆喰装飾が帯状に施されており、一定の間隔で複数のマスクが据え付けられています。その顔は、1日かけて空を移動する太陽神の顔の変化を表現しているそうです。東の空に昇る太陽はサメのような顔、昼の太陽は血を飲む寄り目の古代人の顔、最後は、夕暮れに付近を徘徊するジャガーのような顔という具合です。

 遺跡を発掘した米国ブラウン大学の考古学者スティーブン・ヒューストン氏は、マスクの色について「残された塗料から紅色に塗られていた」と推測しています。真っ赤に塗装された大きなマスクが壁面から突き出た神殿は、特に夜明けや日没に大きな視覚効果を発揮したはずです。こうした住民や周辺勢力への劇的な効果を考えて作られたのが「夜の太陽の神殿」というわけです。

 大きなマスクを神殿の壁面に据え付けるのはマヤではよく行われました。ティカルの神殿でもマスクが発掘されていますし、ベリーズのラマナイ遺跡の神殿を飾る大きなマスクも有名です。こうした古代文明の装飾は非常に手が込んだ素晴らしいデザインのものが多く、是非、実物を見てみたいですね。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。