FC2ブログ

ペルー古代文明の王族の墓で大発見

 2013-07-01
 6月27日、南米ペルーで、かなり規模の大きい古代文明の王族の墓の発掘調査が行われ、3人の女王と60人の遺骨、金銀の装飾品など約1000点あまりが発見されたというニュースがありました。

wari_20130701114053.jpg


 これは、南米のツタンカーメンと呼ばれたシパン王の墓の発見以来の出来事と現地の新聞は伝えており、テレビのニュースでも詳しく取り上げられています。

 この発掘は、首都リマの北方約300kmに位置するウァルメイという街にあるエル・カスティーリョ・デ・ウァルメイ(El Castillo de Huarmey)遺跡でポーランドとペルーの合同チームによって行われていました。

 この遺跡は西暦700~1000年頃にペルーのアヤクチョ地方を中心に栄えたワリ文化のものとされ、今回の発見があった王墓は約1200年前のものと考えられているそうです。

 このワリ文化というのは、ペルーの南部から北部にまたがる広大な帝国を築き上げたとされますが、同時代にペルー南部からボリビアにかけて栄えたティワナク文化とアンデス地域を二分していたとされています。ペルー北部海岸部では、ほぼ同時代にシパン王のモチェ文化も栄えており、この両文化の衝突、あるいは棲み分けがどうなっていたか、まだよくわかっていないようです。

 ペルーでは多くの遺跡が盗掘者によって暴かれて、貴重な遺物が持ち出されてしまっています。ワリ文化の遺物は非常に精巧な工芸品が多く、このエル・カスティーリョ・デ・ウァルメイでも、盗掘が繰り返されて、多くの遺物が散逸してしまったそうです。そんな中、発掘チームは航空写真と電磁波地中レーダーを使って遺跡を精査し、盗掘者が見つけられなかった地下の霊廟を発見したということです。

 ペルーで最大の発見とされたシパン王の墓の発見は1987年のことでした。現在、その優れた遺物はシパン王墓博物館に展示されており、古代文明が生み出した驚異的な工芸品の数々を見ることができます。また、島田教授が発掘したシカン文化の優れた工芸品も国立シカン博物館に展示されています。見るべき遺物があまりないインカと比べると、これは驚異的な質と量なのです。
 
 これまで、インカにばかり関心が行き、北部ペルーの文化に目を向ける人は少なかったのですが、このエル・カスティーリョ・デ・ウァルメイの遺物が公開されると、モチェ(シパン)、シカン、ワリという三つの優れたプレインカ文化の遺物をリマの北部で見ることができるようになるわけです。いつになるか分かりませんが、シパン王墓博物館のような施設でこの遺物を見てみたいものです。


現地のニュース映像


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

マチュピチュ発見100周年、記念式典を開催

 2011-07-08
 マチュピチュ発見100周年式典が7月7日に行われました。マチュピチュでは日中から様々な行事が行われましたが、午後6時から行われる「音と光のショー」というプログラムはNHKが生中継するということでした。

 前に書いたブログでは、この時間を間違えてしまいましたが、日本時間では早朝の4時からということでした。ただ、NHKの番組表でも見つけることができず、見れませんでした。

 YouTubeに、昼間に行われたセレモニーの様子を映したニュース映像がありましたので紹介します。




よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

タグ :

6月28日は「セビーチェ」の日だ!!

 2011-06-22
 6月28日はペルーで「セビーチェ国民デー(DIA NACIONAL DEL CEBICHE)」になっているそうです。

ceviche.jpg
セビーチェ国民デーを伝える現地webサイト


 セビーチェというのは、魚介類とタマネギやニンニクを合わせて、レモン果汁を加えただけのシンプルな料理です。ペルーの伝統料理ですから、現地に行かれた人なら一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

 この料理は、シンプルで美味しいことからペルーだけでなく他のラテンアメリカ諸国でも主に海岸部で食べることができます。私は、メキシコのビーチレストランでよく食べました。

 なんでも、2008年にスペインの新聞社が行なった調査では、世界で最も素晴らしい郷土料理の1位になったそうです。

 以前、ペルーで食中毒が流行したときは、その原因がセビーチェにあると疑われたこともありました。レモンを加えるとはいえ、生の魚を食べるというのはそれなりにリスクがあるわけですが、その美味しさを知れば食べずにはおれないでしょう。

 具材は魚介ならなんでもいいわけで、ペルーの山中では湖で取れるマス(トルーチャ)を使ったセビーチェが好まれているそうです。

 チチカカ湖のマスはうまいですから、本当に食べてみたいですね。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


6月28日は「セビーチェ」の日だ!! の続きを読む

タグ :

マチュピチュ発見100周年式典をNHKが生中継する・・・

 2011-06-15

 ぺルーの報道によると、7月7日に発見100周年を迎えるマチュピチュ遺跡で行われる記念式典を、日本のNHKが生中継するということです。

ma100.jpg
  現地WEBの報道。写真は式典とは関係ない、インティライミの様子だと思う。


 この式典が行われるのは、7日の18時から20時ということですから、日本に中継されるなら、8日の朝8時から10時になります。
 式典での催し物は、音と光の祭典ということで、民族楽器を中心とした演奏を行うla Orquesta AndinaやオーケストラのOrquesta Sinfonica del Cuscoなどが音楽ショーを繰り広げる計画ということです。

 ところで、クスコでは6月24日に南米三大祭りのひとつに数えられるインティライミ(IntiRaimi)が開催されます。これは、インカ時代の儀式を再現する壮大なショーが繰り広がられることで有名です。これに続いて、マチュピチュ発見100周年記念の様々な行事がクスコでも開催される予定になっていますから、これからクスコは観光客で大賑わいになること間違いないですね。

 現地にはとてもいけませんが、NHKが中継してくれるなら、是非、番組を観てみたいと思います。たぶん、短い時間の中継だとは思いますが・・・・。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

 
タグ :

ペルー大統領選、ケイコ氏は敗北!!

 2011-06-07
 5日に行われたペルー大統領選の決選投票で、フジモリ元大統領の長女であるケイコ氏が破れ、オジャンタ・ウマラ氏が勝利しました。

 事前の世論調査では、ケイコ氏がわずかにリードしていると伝えられていたのですが、投票日の出口調査などではウマラ氏が優勢という結果となり、ケイコ氏は劣勢を跳ね返せなかったわけです。

 まあ、フジモリ元大統領に対するペルー国民の根強い抵抗感が敗北の主な要因だったと言えます。

 勝利したウマラ氏は左派の民族主義者です。ベネズエラのチャベス大統領やボリビアのモラレス大統領などと共通した政治姿勢を示しており、ペルーの政治や経済は、これからかなり大きく変わることが予想されます。

 このため、主に海外の投資家が不安を抱き、6日のリマの株式市場は、過去最大の下落幅である12・5%安になったということです。

 これまでペルーは景気が良かったのですが、ウマラ氏の登場で不透明感が強くなったということです。ウマラ氏の政策は、好景気にも関わらず貧困層に恩恵がいかない現在の社会制度を改革することですが、それがうまくいくかどうか不安に思う人は多いでしょう。

 もし、ウマラ氏の改革がうまく行かなければ、次回の大統領選挙ではケイコ氏にチャンスが回ってくることになるのではないでしょうか。
 


選挙の結果を伝える現地のテレビニュース

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫