FC2ブログ

ユカタン旅行その8(カンペチェ・エズナー遺跡)

 2012-02-19
 シュプヒルからカンペチェにやってきました。ここは世界文化遺産に登録されている美しい町です。メキシコには、スペイン植民地時代に築かれた美しい町が多いのですが、カンペチェはまるで映画のセットのように美しく、こういう町が実際にあるのに驚くほどです。

 町のシンボルであるカテドラル(大寺院)は、夜になると周囲のコロニアル風の建物とともに美しくライトアップされます。

カンペチェ

 町の通りは下写真のように、カラフルな色の家が並んでいます。中心部の通りはこんな感じの家ばかりです。人も車もそれほど多くないし、夕方になると町の前に広がるメキシコ湾に沈む夕日が美しいのです。こんなにいい感じの町があったなんてこれまで知りませんでした。

カンペチェ2

 さて、この町の近くにはエズナーという遺跡があります。町からバスで1時間ちょっとで簡単に行けるのですが、あまり海外からの観光客は多くありません。日曜日に行ったせいか、遺跡にいるのは、ほとんどがメキシコ人の家族連れでした。

 写真のように子供たちが遺跡の上で遊んでいました。

ラブナ遺跡子供

 エズナー遺跡は面積は大きくないのですが、建造物はかなり立派です。全体的な感じはパレンケに似ているのですが、それ上回る巨大な都市だったと想像できます。これだけの遺跡があまり知られていないのは残念です。

ラブナ遺跡1

 メインの神殿は複数の神殿群を支える巨大な基壇の上に乗っています。そのため、神殿の階段を上っていくと、下写真のようなピラミッド型神殿の偉容が現れるのです。これは、ちょっと感動します。

 神殿の一つに登っていたら、近くの村からやってきた親子に声をかけられ、「この遺跡は素晴らしい」というような話をしました。帰りのバスが通るのを待つのが少し面倒ですが、タクシーを使う必要もない、行きやすい遺跡です。

ラブナ遺跡2

スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫