ペルー、リマの海岸に斜めの額縁ホテルが?

 2013-09-22
 観光開発に力を入れているペルーで斬新なデザインのホテルや歩道などの建設計画が注目されています。

 中でも、特に大胆なデザインが「アンバランス(UNBALANCE)」と名付けられたホテル。その名の通り、まるで、フォトフレームが海岸に斜めに突き刺さったような形をしているのです。

lima001.jpg


lima002.jpg


lima003.jpg


 これを設計したスペインの「OOIIO」という設計会社によると、これまでリマには世界にアピールできるようなシンボル的な建物がなかったので、想像力を刺激する過激で斬新な建物を作りたかったということです。

 建設計画ではこのホテルには125の客室、会議場、屋上レストランなどがあるそうです。室内はもちろん水平になっていますが、一部には非垂直の空間も取り入れるそうです。
 建設場所は、この絵の感じからは、首都リマの高級住宅街であるミラフローレスの海岸沿いにある崖を想定しているようです。ただ、今はまだ提案している段階で、この設計を受け入れる企業も決まっていません。

 あまりにも大胆なデザインなので、果たしてこの計画を実現できる企業や投資家が出てくるかが問題です。建設会社としては、これから発展が見込まれる南米市場を見込んで、大胆な提案で注目を集めることができればいいのかもしれませんが・・・・。

 OOIIOは、もう一つ、建設地をリマの南部海岸と想定し、自然環境との調和を考えた「HOTEL INGOT」も設計しています。こちらは、ペルーの海岸線の自然に溶け込む?金塊のようなデザインのリゾートホテルで、すでに興味を示している企業があるようです。

lima004.jpg

 さらに、すでにリマ市が建設主体となって計画が進められている歩道橋「PUENTE PEATONAL MIRAFLORES-BARRANCO」も設計しています。

 こちらも、結構大胆なデザインで、形状はインカの宝飾品に使われた貝や水晶などをモチーフにしているそうです。設計会社によると、完成は2016年の予定だそうです。

lima005.jpg


lima006.jpg


 ミラフローレスとバランコという二つの高級住宅地を結ぶ巨大な歩道橋が3年後のリマで見れるかもしれません。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫