fc2ブログ

スペイン旅行記④ 世界遺産の町トレド!

 2019-05-21

都市景観の美しさで人気のトレド


 スペインには古い時代の雰囲気が保たれた町が数多く残されていますが、中でもトレドは都市景観の美しさや、歴史的建造物の多さなどによって人気となっています。


toledo04.jpg
古い町並みがよく保存されている。

toledo07.jpg
味のある街路が多い

 街の見どころとしては、ゴシック様式の壮麗な外観を持つカテドラル(司教座聖堂)や画家エル・グレコの美術館などがあるのですが、街全体が中世の建造物を保存した博物館のようなものですから、歩いているだけで発見や驚きがあって結構楽しいのです。

toledo05.jpg
カテドラルの正面

toledo06.jpg
エル・グレコ美術館

 特に見逃せないのは、街を取り囲むタホ川の対岸から望む街の全景です。展望台がある場所はちょっと遠いため、歩くのはきついのですが、便利な乗り物があります。トレイン・ビジョンという遊園地の機関車みたいなもので、街の中心にあるソコドベール広場の近くから出発して、街の主要なポイントを巡りながら対岸まで行くのです。客車に備えられたガイド装置ではポイントの解説を日本語で聞くこともできます。

toledo09.jpg
トレドの中心ソコドベール広場

toledo10.jpg
展望台から見たトレドの全景

 トレドの名物はマサパンというアーモンドを使ったお菓子です。スペインの伝統菓子というと、同じような材料を使ったトゥロンが有名ですが、個人的にはマサパンの方が好きです。
 カテドラルの近くにあるサント・トメ通りには「サント・トメ」というマサパンの名店があり、バラでも買うことができます。この通りは、トレドで最も賑やか通りです。土産物屋やカフェなどに交じって、スペインの定番ファストフード、生ハムのボカディージョ(サンドイッチ)を売る店などもあります。

toledo11.jpg
賑やかなサント・トメ通り

toledo12.jpg
ソコドベール広場のマサパンの店

toledo14.jpg
生ハムのサンドイッチ、ボカディージョが山積みで売られている。




スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫