リオのカーニバルが始まるぞ!

 2009-02-20
 今年もカーニバルが21日から始まります。
 私がリオのカーニバルに行ったのは15年ほど前になります。

カーニバル


 当時、サンパウロのペンションに滞在していて、旅行者仲間でリオに行こうという相談をしました。この時期は世界中から旅行客がリオに押し寄せますから、ホテルの空き部屋を探すのが大変です。リオでどこか泊まる所はないかと探した結果、日系人のアパートで部屋を貸してくれるということを聞きました。

 その日系人のアパートはコパカバーナの海岸に面したきれいな高層マンションでした。そこで、昼間はコパカバーナの海岸で日光浴をし、夜になるとサンバを踊りに繁華街に出かける毎日でした。

 実際にカーニバルが盛り上がるのは最後の2日間くらいです。そのころからサンバパレードが始まりますので、夜10時ころにタクシーを捕まえてリオの中心街に行くのです。
 ニュースなどで見るリオのカーニバルの様子は専用スタジアムでやっているコンテストのもので、これを見るには結構高い入場料が必要です。しかし、街の中心の通りでもかなり盛り上がるパレードがありますので、私たちは2日間ともそちらに行って若い踊り子たちと一緒に踊ったりしてけっこう楽しみました。

踊る女の子


 ところが、「せっかくリオに来たのにスタジアムのパレードを見なくては意味がない」と仲間が言うので、私たちはスタジアムの前まで行きダフ屋にチケットの価格を聞きました。みんなかなり高いことを言うのですが、その中に1000円くらいでいいというダフ屋がいました。

 チケットを買えばどこかの観覧席でパレードを見れるのだと思った私たちは、深く考えずにそのチケットを買ったのです。ところが、スタジアムに入ってみると、このチケットは立ち見だということがわかったのです。パレードが移動する所には二重になった金網のフェンスがあり、そこに大勢の立ち見の客が取り付いて見ています。背の低い日本人ではパレードの上のほうしか見えません。

 時間は夜中の2時。パレードはこれからが本番というのですが私たちは疲れ果てて、パレードなんか見る気にもなりませんでした。30分くらいで外に出てタクシーを捕まえて帰りましたが、なんか物悲しい気分になったものです。

リオ
リオ最大のスラムの様子です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/1-689e61cd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫