WBC 優勝した日本、そしてキューバ

 2009-03-25
 昨日は、WBCで日本が優勝して盛り上がりましたね。
 ラテンアメリカ関係でみると、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が、日本に完敗したキューバチームに対して「過去の栄光にあぐらをかいていた」と批判した上で、「日本野球の練習方法などを見習う必要がある」と言ったということが印象に残りました。
 
 野球は世界的にみてマイナーなスポーツですが、ラテンアメリカは米国の影響で盛んな国が多いのです。今回のWBCでも、ラテンアメリカからはキューバ、ドミニカ共和国、メキシコ、パナマ、プエルトリコ、ベネズエラの6カ国が参加しており、パナマ以外が2次リーグに進出しています。キューバを除いて、メジャーリーグで活躍する選手を大勢抱えた強豪チームぞろいです。ただ、日本のように全選手の平均レベルが高いというわけではなく、優秀な選手とそうでない選手との差が大きいことが弱点でした。

cuba1.jpg
街角のカフェでミントティを飲みながら野球談義に花を咲かせるキューバの人々。
 キューバの野球は1864年に始まり、1890年代には数多くのプロチームを有する野球大国になったといいます。
 キューバ革命によってプロ野球はなくなりましたが、アマチュア野球は非常に盛んで、世界最強のアマチュア野球大国と言われるまでになりました。それだけに日本に負けたのは大変なショックでしょう。フィデルは日本野球の練習方法をかなり評価しているそうですから、今後、日本とキューバの野球交流が盛んになればいいと思います。

 例えば、ドミニカ共和国では広島カープがベースボール・アカデミーを設けて優秀な選手を育てていますが、そういうことがキューバでもできるのではないでしょうか。ちなみに、米国はメジャーの30球団がドミニカ共和国にベースボール・アカデミーのような組織を持っているそうです。
 
 海外に行くと、広場などで子供たちがボール遊びをしています。ラテンアメリカではサッカーが圧倒的に多いのですが、中米では野球をやっている姿もみます。そういう子供たちに夢を与えて、育てていくことが、これからの野球の発展には重要であり、日本や米国などの野球大国の役割ではないでしょうか。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/11-73412e56

  • wbc 優勝 写真【最新ニュースと新着youtube動画】
    WBC優勝記念今だけ99円!「お気に入りのパンプスが大きくて脱げちゃう!」そんな時はヒップスにお任せください♪見てくれはただのスポンジでも効果は絶大!!●送料無料●パンプスのインソールたったの100円でぴったりフィット!靴屋さんが使う中敷が1組たったの100円!「...
【2009/03/25 23:00】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫