マチュピチュ遺跡が全面閉鎖、クスコ観光は大打撃!

 2010-02-10
 ペルーのクスコ県を襲った洪水の影響で、マチュピチュへの鉄道が不通になっていますが、空路なら行くことができるため、クスコ観光の関係者はヘリコプターによるマチュピチュ観光を計画していたそうです。しかし、マチュピチュ遺跡を管理する国立文化機構はマチュピチュの全面閉鎖を決めたそうです。
 これは、ヘリを運行することで、遺跡そのものに何らかの悪影響が生じるということを懸念したためということです。
 実は、空路以外にも線路伝いに徒歩でマチュピチュに行く抜け道ルートがあったそうですが、遺跡の閉鎖により、このルートも意味がなくなりました。

machu001.jpg
マチュピチュ遺跡


 マチュピチュ観光の再開は、マチュピチュ~オジャンタイタンボ間の鉄道の修復工事が終了し、鉄道とバスが接続できるようになるまでおあずけということになります。その目処は3週間から1カ月というところでしょうか。

 また、現在、南米各地では、今週末から始まるカーニバルの準備で大忙しですが、クスコではカーニバルの行事をすべて中止することにしたそうです。お祭りより復旧が先だということですが、これには観光業者は悲鳴を上げているでしょう。

 先日は、クスコ県のウゴ・ゴンサレス知事が、クスコに観光客を呼び戻すため、ホテルや交通機関などの料金を大幅に値引きするように呼びかけました。知事はホテルなどは普段の料金の5割引にしてほしいと頼んだそうです。これが実現すれば、観光客にはありがたい事ですが、マチュピチュは行けないし、カーニバルの行事はやらないということでは、お客はあまり集まらないでしょう。

 クスコの観光業にとっては、もうしばらく厳しい時期が続きそうです。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
マチュピチュあってのクスコ、マチュピチュあってのペルーですから、マチュピチュの全面閉鎖は深刻でしょうね。

私は2004年の8月にマチュピチュに行きました。クスコ駅からマチュピチュの麓のアグアスカリエンテス?駅までビスタードームで行きました。線路を家畜が横切るのどかな路線でした。

列車はウルバンバ川に沿って走っていました。その川が降雨で氾濫したのでしょうね。この川は流れが速かったですので、線路を飲み込んだと思います。

昨年の新型インフルエンザの発端になったメキシコもそうですが、観光依存割合の高い国は、このような事態が怖いですね。最も、今回の事態は予測できたことだと思いますが。「災い転じて福と成す」ではないですが、抜本的な対策を考えるべきでしょうね。
【2010/02/10 23:19】 | arima #qDfdtOiE | [edit]
 コメントありがとうございました。

 ビスタドームはいい列車のようですね。私は、昔のことですのでローカル列車で行きましたが、確かにのんびりしたいい旅ができました。

 この路線はペルー観光のドル箱ですから今回のような事態になると大変ですね。たしかに、マチュピチュはペルー観光では欠かせませんが、あまりにもマチュピチュに寄りかかっているから、このような深刻な事態になるのではないでしょうか。

 ペルーには他にも見ごたえのある観光地が多くあるのですから、そちらにも観光客が注目するようにして行くことが大事だと思います。
【2010/02/11 11:45】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/111-cf07b866

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫