ボリビアで「美しすぎる県知事候補」が話題に

 2010-03-09
 日本では、美しすぎる市議会議員と呼ばれる藤川ゆり氏が、今年の夏の参議院議員選挙に出るのではないかということで話題になっていますが、南米ボリビアでは、元ミス・ボリビアのジェシカ・ホルダン氏がベニ県の県知事選に与党の候補として出馬し、大きな話題になっています。


テレビ番組に出演したジェシカ氏

 ボリビアでは、4月4日に統一地方選挙が行なわれるため、3月7日にアルバロ・ガルシア・リネーラ副大統領がジェシカ候補を応援するためにベニ県を訪れて応援演説を行ったということです。テレビでも、ジェシカ候補はよく取り上げられており、「ベニは変化と改革を受け入れる」などととエキセントリックに叫んでいました。

 ベニ県と言うのは、ボリビア北部のアマゾン地域に広がる大きな県ですが、日本とのかかわりが結構深いのです。南米への移民は、ペルーのほうがブラジル移民より早く、1899年に第1回が行われています。しかし、この移民でペルーに渡った人たちは悲惨な状況に置かれ、このうちの一部がボリビアに移り、ベニ県のリベラルタという町の周辺に入ったのです。この経緯については「アンデスを越えた日本人(中公新書)」という本に詳しく書かれています。

 その後、一時はベニ県などに住む日本人や日系人は2000名以上に達したそうで、その後も現地で生活し続ける人たちがかなり多かったのです。戦後は、サンタクルス県のオキナワやサンファンへの移住が開始されたため、ボリビアの日系社会と言うと、こちらのほうが注目され、ベニ県の日系人たちは忘れ去られた存在になりました。

 しかし、ベニ県の日系人はボリビア社会に根を張って、確固たる地位を築いているようです。
 以前、ボリビアに行った時に、ベニ県の日系人で国会議員になった人と話しをする機会がありました。日本語もまったく話せないし、日本食もほとんど食べたことがないと言う人でしたが、日系人としての誇りを強く持ち「ボリビアに日系人の大統領を誕生させるのがわれわれ日系社会の夢だ」と話していたのが印象的でした。

 ベニ県という日本にはなじみのない土地ですが、美人県知事候補をきっかけに、少しこの地方に関心を持つ人が出てきたらいいなと思います。 

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
めっちゃ美人さんじゃないですか!?
「C」の付く3つの国以外で、とびきり美人が注目されていることが何だかとても嬉しいです。

だってラティーナは、巨体が多いじゃないですか。
この県知事さんの横幅3倍くらいあるし…。
【2010/03/12 20:57】 | あれはんどろ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/127-65790bdf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫