日本とラテンアメリカで共通するのは痴漢の多さ

 2010-03-13
 アルゼンチンのブエノスアイレスの地下鉄に女性専用の車輌が導入されるかもしれないという新聞の記事がありました。こうした提案がブエノスアイレス市の議会で提案されているそうです。

tikan.jpg
 写真はブラジルの女性専用車両

 地下鉄などの公共交通機関に女性専用車両を設けたのは日本が最初だと思います。日本は、車両内での痴漢などが非常に多い国ですが、こんな陰湿な行為をする男たちがたくさんいる国は日本くらいしかないといわれていました。

 ところが、ラテンアメリカの国でも痴漢は結構多かったのです。私がメキシコに留学していた時、同じクラスに白人の女性がいたのですが、彼女が「メキシコは痴漢が多すぎる」と嘆いていたのです。話を聞くと、彼女は通学に地下鉄を使っていたのですが、毎日のように男から触られるというのです。彼女は、先端が尖っている指輪をはめており、それを私に見せながら「痴漢の手が伸びてきたら思いっきり刺してやるんだ」と言っていました。

 その時私は、メキシコでも痴漢が多いのかと意外に思いましたが、メキシコは地下鉄に女性専用車両を設けた世界で二番目の国になりました。また、メキシコ市では路線バスにも女性専用車両が導入されているということも聞きました。

 さらに、2006年にはブラジル、2007年にはチリでも地下鉄に女性専用車両が導入されています。この記事で、ブエノスアイレスでも痴漢は多いんだと思いました。実際、記事には、最近地下鉄内での痴漢行為や暴力行為が増加していると書かれています。

 日本やラテンアメリカになぜ痴漢が多いのでしょうか?。例えば、スペインなどヨーロッパの国では、あまり痴漢の話は聞かないのですが、本当はいるのではないでしょうか?

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
昨年の夏、メキシコシティでは地下鉄を利用して移動しました。メキシコは痴漢が多いのですか。知りませんでした。ただ、車内で同性愛者(男性)が熱烈なキスをしていたのには閉口しましたが。

メキシコの地下鉄って、面白いですね。車両内に物売りが出没していました。買う人がいるのでしょうか。

メキシコシティからテオティワカンへはバスに乗りました。バスが停車すると、物売りが乗り込んできました。他の国でも同じような経験をしたことがありますので驚かなかったのですが、ギターを抱えた男性が乗り込んできて演奏を始めたのにはびっくりしました。その男性チップを集めると次の停車場で降りていきましたが。
【2010/03/13 15:33】 | arima #LkZag.iM | [edit]
南米の場合、痴漢どころかもっとたちの悪い性犯罪が起きているということで女性専用車両が実施されていると聞いたことがあります。

つまり本当の意味で「女性専用車両が無いと安心できない」事態になっているということです。日本の様に「女性はどの車両でも乗れるから儲けもの」という感覚はそこにはありません。
【2010/03/13 20:14】 | 東京メトロン星人 #oGuVFLvU | [edit]
 arimaさん、
 確かにメキシコの地下鉄や大型バスでは物売りが盛んに行われていますね。これも、メキシコの貧富の差が大きいことの表れでしょう。しかし、メキシコ人のたくましさの表れでもあると思います。

 東京メトロン星人さん、
 日本よりもたちが悪い犯罪が行われているというのは本当でしょうね。ブエノスで女性専用車両が導入されるという記事にも、地下鉄の構内で強姦事件があったという話が出ていました。ブエノスの地下鉄は南アメリカで最も古く、駅や電車などもかなり古くなっています。ニューヨークなどと共通する危険な感じがありますね。
【2010/03/15 12:00】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/130-e475947e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫