マチュピチュは4月1日再開、ナスカはスト

 2010-03-19
 豪雨被害により鉄道が不通になって以来、閉鎖されているペルーのマチュピチュ遺跡の観光が再開されるのは、やはり4月1日になるということです。

ma4.jpg

 マチュピチュへの鉄道については、3月29日にピスカクチョ~アグアス・カリエンテス(マチュピチュ)間が復旧するするということですが、遺跡には4月1日にならなければ入れないということのようです。

 こうなると、早めにアグアス・カリエンテスに行って、温泉や周囲のトレッキングなどを楽しみながらマチュピチュの再開を待つという人も多いと思います。前にも書いたように、クスコとピスカクチョの間はバスで移動することになります。

 カトリックの重要な祭りであるセマーナサンタは今月末からですから、ちょうどマチュピチュの再開と重なり、クスコなどは賑わうと思います。

 一方、ナスカでは、地上絵の遊覧飛行を行う業者たちが、政府に抗議してストライキに入ったということです。前にも書いたように、この遊覧飛行は使用する飛行機の老朽化でかなり危険な状態になっているということで、当面30年を超える機体の使用が禁止されることになりました(いずれは20年に短縮)。

 これに対し、遊覧飛行の業者たちから反発の声が上がり、ストライキにまで発展したものらしいです。これでは会社の経営が立ち行かなくなると業者たちは考えているようですが、安全に問題がある飛行機を飛ばすことはどう考えているのでしょうか?

 まあ、ストはそう長くは続かないと思いますが、ナスカで飛行機にのる際は十分注意していただきたいですね。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/132-7a79878a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫