4月7日からボルヘスのワークショップを開催

 2010-03-21
 アルゼンチンの作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスを紹介する「アトラス-迷宮のボルヘス」展が4月28日から東京のセルバンテス文化センターで開催されます。また、それに先立って4月7日と4月28日の両日、「ボルヘスワークショップ」も開催されます。

 ボルヘスはラテンアメリカ文学の巨人とも呼べる作家で、日本でも影響を受けた人が大勢いますね。近年のラテンアメリカの文学界では、コロンビアのガルシア・マルケスやペルーのバルガス・ジョサなどの作家に注目が集まりましたが、やはりボルヘス抜きにはラテンアメリカ文学を語れないと思います。

SS500.jpg

 4月28日のワークショップには、ボルヘスの未亡人であるマリア・コダマさん(日系アルゼンチン人)も参加し、講演会が行われるということです。コダマさんはボルヘスの助手として働いたのちに結婚した方で、ボルヘスを最もよく知る人のひとりです。

 わたしも、ワークショップに参加する予定ですが、どんな話が聞けるか楽しみです。なおワークショップへはだれでも参加でき、無料ですが、事前の予約が必要です。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
きゃっv-238
行きます!情報ありがとうございます!!
【2010/03/22 23:27】 | まと #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/133-178b97a1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫