スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フジモリ元ペルー大統領が有罪判決を受けた

 2009-04-08
 アルベルト・フジモリ元ペルー大統領がペルー最高裁特別刑事法廷によって有罪の判決受け、禁固25年を言い渡されました。下はyoutubeにアップされた映像です。



  フジモリ被告は、大統領時代に軍部による民間人の殺害や誘拐を指揮したなどとして起訴されていました。同被告が控訴したため、引き続いて最終審が行われ、年内には判決が確定する見通しになっています。
 フジモリ元大統領と言うと、1996年に起きた反政府ゲリラのトゥパック・アマルー革命運動メンバーによるペルーの日本大使公邸占拠事件を思い出される方が多いと思いますが、私は1991年に起きた、センデロ・ルミノソによるJICA(国際協力事業団:当時)の日本人農業技術専門家3人の殺害の方が衝撃的な記憶として残っています。

 当時、国際協力関係の雑誌記者をしていた私は、ちょうどペルーの現地取材を計画しており、フジモリ大統領(当時)のインタビューもしたいと思っていたのです。ところが、この事件が起きたために、JICAからペルー取材の中止を言い渡されました。
 それは当然のことですが、私はセンデロがフジモリ政権に協力している日本人たちという理由で、技術指導に来ていた専門家たちを虐殺したことに強い憤りを覚え、危険を冒しても現地に行きたいと思ったものです。

 私がペルーに滞在していたのは1984年と85年のことですが、当時も反政府ゲリラの活動は非常に活発で、ペルーはいたるところ危険が一杯という感じでした。その後、当時の政権が有効なゲリラ対策を打てない中でゲリラ活動はさらに激しくなり、大勢の人たちが殺されました。一説では、政府とゲリラとの内戦による民間人の死者は七万人近いと言われているのです。

 それが、フジモリ政権になってゲリラ勢力に対して強硬策を進めたことで治安は回復しました。その過程で政権を苦境に陥れようとするゲリラ勢力による民間人に対する無差別殺人が行われたのです。
 一方で、フジモリ政権もゲリラの協力者とみなした民間人に対する殺害や誘拐をおこなっていたわけです。それにフジモリがどの程度関与していたかはわかりませんが、その責任はやはりあると言わざるを得ないでしょう。

 ただ、これはフジモリを断罪すればそれでいいという問題ではないのです。
 同じような事件が、アルゼンチンやチリなどでも起きましたが、経済的な苦境の中で国民がなぜ殺し合いをしなくてはならなかったのか、その原因を考え、問題を取り除いていくことこそが重要なことだと思います。

ポスタ
 アルゼンチンで起きた軍事政権による高校生たちの誘拐と拷問を描いた映画「La Noche de los Lapices」のポスターです。日本では「ミッドナイト・ミッシング」というタイトルで公開されました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
フジモリさん、判決でましたね!!
去年、ペルーに行った際、私が日本人であるためかフジモリを評価する声が多く、フジモリが建てた学校や病院のあるチチカカ湖の辺りではその雰囲気が強く、「フジモリを嫌うのは金持ちと外国人だけだ!」と言い切る人もいて吃驚したのを覚えています。

熊本出身の私は、熊本に縁のあるフジモリさんのことを英雄のように聞かされ育ってきたので、あまり悪い人ではないと信じたいものですが・・・。

それと、どうでもいいことですがyou tube見ましたが、パソコンが東芝なのにも驚きました。
【2009/04/19 04:25】 | まと #xFNEvi7k | [edit]
 フジモリ以前のペルーがどれほどひどい状況だったかを考えればフジモリさんを評価する声が多いのは当然だと思います。フジモリさんはよくやりましたよ。日本では、現地の状況も知らずにフジモリ批判をする人がいますが、それは対岸の火事を見て消防士のやりかたをあざ笑うのと同じでしょう。
 ただし、その過程で人権侵害があったということで、司法の場で裁かれるのはしかたないことです。ラテンアメリカでは、様々な国で人権侵害事件が起こり、大勢の人が殺されました。これらは、すべて真実を明らかにして、当事者を裁く必要があります。また、これに手を貸した米国の罪も暴かれるべきでしょう。
【2009/04/29 12:04】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/15-56fdacac

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。