パエリャで有名な川越の西班牙市場に行ってきた

 2010-05-04
 久しぶりに美味しいスペイン料理が食べたいと思い、昨日、パエリャで有名な川越の西班牙市場(スペイン市場)に出かけてみました。

 この店は、パエヤ発祥の地というスペイン、バレンシア地方のスエカという町で、毎年9月に開催されるパエヤ(この店の表記)コンクール世界大会になんども参加し、その国際部門で6回の優勝を誇っているそうです。

 店は東武東上線の川越市駅から歩いて15分くらいかかる街道沿いにありました。私たちが着いたのは2時少し前だったのですが、休日とあってか10人ほどのお客が待っていました。15分ほどで席に案内されましたが、まず驚いたのは、店の内装が非常に凝っていることです。

 体育館のように鉄骨で屋根を支えたかなり大きな建物ですが、スペインの教会の内部をイメージしたステンドグラスや祭壇のようなものがあり、ガウディのサグラダ・ファミリア寺院の模型も置かれています。その他、アラブのメスキータのアーチやスペイン特産のタラベラ焼きの皿、ガウディ風のタイルの壁などどを用いて、テーマパーク的な雰囲気を出しています。このため、多くのお客がカメラで室内を撮影していました。

supe1.jpg
内部はこんな感じ

 ランチのセットにパエリャランチ(1300円)があるので、これを頼み、食前酒にシェリー酒(500円)を頼みました。ランチにはスペインオムレツ、ガスパチョ、パエリャ、カプチーノがついています。

 混んでいる店は、注文した品が出てくるのが遅いという問題がありますが、ここもそうでした。まあ、急いでいるわけではないので少しくらい構わないのですが、せめて酒は早く出して欲しかった。オムレツが出てきた時に酒を催促したのですが、さらに10分以上かかって持ってきました。残念・・・。

 シェリー酒は白ワインより刺激が強いですが、やはり美味しいです。スペインオムレツも悪くありません。数日前にも別の店でスペインオムレツを食べましたが、それよりずっと美味しかった。ガスパチョは盛り付けが美しく、味もいいです。

supe2.jpg

 パエリャも出てくるのが遅かったのですが、これは、数人から数十人分を一度に炊き上げるわけですから、注文のタイミングで多少遅くなるのは仕方ないです。出てきたパエリャの外観はエビが多く、なかなか豪華な感じでかなりいいと思いました。

supe3.jpg

 味も悪くないですが、どうも期待したのとは少し違いました。私たちは、バレンシア地方の南にある町で8カ月間ホームステイをした経験があり、そこの奥さんからおいしいパエリャをご馳走になったり、スペイン各地のレストランでパエリャを食べたりしました。そういったものと比べると、この店のパエリャはやはり日本人向きのピラフのようなパエリャです。まあ、それでも美味しければいいのですが。

 この店を全体的に評価すると、かなり満足出来たと言えます。急がず、1時間以上かけてゆっくり昼食を楽しむというつもりで行くのがいいのではないでしょうか。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/153-df7e60fa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫