新刊書の紹介「エルサルバドルを知るための55章」

 2010-05-17
 今日は、ラテンアメリカ関連の新刊書の紹介です。

 明石書店が刊行しているエリア・スタディーズというシリーズでは、世界の国々を個別に詳しく紹介していますが、5月10日に「エルサルバドルを知るための55章」という本が出版されました。実は、エリア・スタディーズでは、これまで中米3カ国(エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア)をまとめて紹介した本を出していましたが、今回はエルサルバドルを独立させたというわけです。

erusaru.jpg

 エルサルバドルという国は中米諸国の中でも、日本ではあまり知られていない国だと思います。めぼしい観光資源もないため、観光ガイドでもあまり取り上げられませんし、この国について書いた本が出版されることなどもまれだったと思います。

 ただ、1970年代後半から80年代初頭にかけて、エルサルバドルでは左翼ゲリラと政府軍による激しい内戦が行われ、ここからオリバー・ストーン監督の代表作である「サルバドル」という映画が生まれました。

 当時、中米のニカラグアでは左翼組織による革命政権が樹立され、グアテマラでも左翼ゲリラと政府軍の衝突が激しくなっていました。その頃の米国はカーター政権で、中米各国の内戦に積極的に介入することを控えていたのです。ところが81年にレーガン政権が誕生することになり、米国による軍事援助が強化されることが確実となったのです。あせった左翼ゲリラは、米国の影響力が強化される前に革命を成就しようと、1981年の初めからエルサルバドルの首都サンサルバドルに大攻勢を仕掛けたのです。映画は、この前後のエルサルバドルの状況を克明に描いています。

 私はこの年の4月にサンサルバドルに入りましたが、町はひどく破壊されており、夜になると少し離れた山にあるゲリラの基地に対して政府軍が攻撃を仕掛けるロケット弾などの破裂音が響いていました。

 それから10数年たって、再びサンサルバドルを訪ねたときには、内戦の傷跡はほとんどなくなっていましたが、やはり他の国とは違った緊張感が漂っているのを感じたものです。しかし、サンサルバドルに1週間ほど滞在して、市内の名所や郊外を観光してみると、なかなか面白い場所が多いことも知りました。

 この本には、そうしたエルサルバドルの歴史と共に、社会、芸術、自然、そして日本との関わりまで、詳細に書かれています。まだ、目次と中を少し見ただけですが、エルサルバドルに詳しい17人もの専門家が得意分野を執筆しており、情報量が豊富なのはもちろん、内容的にもかなり面白そうだと感じました。

 これから、ゆっくり読もうと思います。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/158-2b706f46

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫