世界一殺人が多い都市はベネズエラのカラカス

 2010-08-26
 ラテンアメリカ諸国を旅行する場合、治安が悪いという問題があります。そこで、実際に、どのくらい危険なのか知りたくなりますが、これについての記事が現地の新聞に出ていました。

caracas.jpg
 上はEL UNIVERSALの記事。タイトルには「カラカスは世界一の暴力都市になった」と書かれている。

 ベネズエラの「EL UNIVERSAL」という新聞の記事によると、ベネズエラの首都カラカスが世界で一番危険な町ということです。これは、ベネズエラ国立統計機構(INE)がまとめたデータで、2009年にカラカスの首都圏で7676人が殺されたということです。これは人口10万人当たりの殺人発生率で233人となります。麻薬戦争で毎日のように犠牲者が出ているメキシコの場合は10万人当たり94人ということで、これをはるかに上回っているわけです。

 また、メキシコのNGOが公表している都市別のデータでは、メキシコで最も危険な町であるシウダーファレスが10万人当たり191人、ホンジュラスのサンペドロスーラが10万人当たり119人、エルサルバドルの首都サンサルバドルが10万人当たり95人などとなっています。

 2002年とデータが古いですが、イギリスは10万人当たり殺人発生件数が18.51件、米国5.61件(ニューヨーク6件)、イタリア3.75件、日本は0.86件(2009年)ということで、ラテン諸国と比べると、かなり低い数字になっています。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
【2013/07/04 02:48】 | 公務員の履歴書 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/187-0677002b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫