アンデスの高野潤写真展9月10日から開催

 2011-09-08
 ペルーやボリビアを中心としたアンデスやアマゾン地域の写真を撮り続けている写真家、高野潤さんの写真展が9月10日(土)から東京・渋谷のタバコと塩の博物館で開催されます。

takano.jpg


 最近では、この地域の写真を撮る写真家が増えていますが、高野さんはそのパイオニア的な存在です。私は、もう25年以上前になりますが、ボリビアのラパスで高野さんにお会いしたのがきっかけで、いろいろと撮影の苦労話を聞かせていただきました。

 高野さんの写真は、とにかく長い時間をかけ、最高の瞬間を狙って撮影したものですから、人の心を揺さぶる力がみなぎっています。また、今はテレビなどで紹介されるようになったアンデスの奇祭なども、高野さんが最初に撮影に成功したものが多いのです。

 アンデスに興味がある人は必見の写真展と言えると思います。9月17日(土)には、高野さんの講演もあるそうです。また、9月3日(土)~10月23日(日)のイベントのある日を除く土・日・祝日には文化映画「世界遺産:ペルー/ボリビア編」も上映されるそうです。時間のある方は足を運んで見られたらどうでしょうか。

 入場料は博物館の入館料100円のみで、文化映画や講演会にも参加できます(ただし、先着80名)。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/21 10:38】 | # | [edit]
 こういう言葉の問題はたくさんあります。
 よく聞くのは、被災者などに「がんばって」と言ってはいけないということです。
 頑張っている人に頑張ってというのは失礼だという理屈ですが、「頑張って」というのは「元気を出して」という励ましであって、もっと頑張れという意味では使っていないのですから使うなというのはどうかなとも思います。

 ただ、人間には色んな人がいて、どんな言葉でも悪くとる人がいます。たとえば、子供というと、「供とはなんだ、小さな子を見下しているのか」と言う人にもあったことがあります。

 地球の裏側という表現は、私もそんなに気にすることではないと思います。たとえば、南米に行っても「地球の裏側の日本では」という表現をするわればいいわけです。裏側というのは今いる場所から見てのことですから、特定の場所を低く見て使う言葉というのではないでしょう。

 そういう言葉尻をとらえて、本質を見ようとしない人の言葉を気にする必要はないと思います。しかし、そういう人は自分の考えを正しいものと思い込んで強く主張しますから、適当に聞き流せばいいのです。あるいは、そういう考えもあるのなら、これから言葉遣いに注意しようと考えるのもいいことだと思います。
【2011/09/22 09:16】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/22 17:07】 | # | [edit]
高野潤さんの写真展へ行って来ました。
昔から良く目にしていた高野さんの写真ですが、素晴らしかったです。
アンデスの暮らしを知らないと撮れない写真だらけでした。
写真展の半分がジャガイモの品種紹介だったので、ジャガイモに興味を持ちました
【2011/10/05 10:14】 | 茶好き #- | [edit]
私はまだ行っていないので、近いうちに行きたいです。

ジャガイモの写真は、高野さんの新しい本「インカの食卓」の中で、紹介しているものだと思います。

こんなにたくさんのジャガイモがあるのには驚きです。
【2011/10/06 22:38】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/241-7462f7d3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫