スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ユカタン旅行その5(シュナントニチ、カハルペチ)

 2012-02-12
 サン・イグナシオで泊まった安宿にはWiFiがなく、向かいのカフェでネットをしていたのですが、回線速度が遅い上に、夜は電気がつかないという悲惨な状態でした。その後もWiFi環境の問題でブログの更新が滞っていたので、今回はサンイグナシオの二日目から始めます。

 サン・イグナシオの周囲にはカラコル以外に、シュナントニチとカハルペチという遺跡があります。シュナントニチは町から車で30分くらいのところにありバスでも行けるのですが、私は疲れていたのでタクシーを雇って行くことにしました。タクシーのおやじに聞いたら、遺跡の入り口まで往復で60ベリーズドル(30USドル)でした。
 
 遺跡は道路とは川を挟んで反対側にあるので、車と人は動く橋で向こう岸に渡ります。

川を渡る動く橋

 バスで行くと、ここから遺跡の入り口まで約2キロ歩くのですが、タクシーは入り口まで行ってくれるので助かります。

 シュナントニチはそれほど大きくないのですが、メインの神殿はかなり大きく見応えがあります。これだけ迫力があるピラミッドはそう多くないですから、ここまで行ったら是非見た方がいいです。

シュナントニチ

 タクシーの運ちゃんは面白いおやじで、以前、カンクンで建築労働者をしていたことを誇らしげに話していました。握手をしたら、まるでプロレスラーみたいな握力に驚かされました。いいおやじでよかったと思いました。

タクシー運転手

 シュナントニチから戻って時間があったので、町の近くにあるというカハルペチ遺跡に行ってみることにしました。

 町から坂道を上り約20分ほど歩くと、丘の上の方に森や古い小屋のような建物などが固まっている場所があります。そこまで、またきつい上り坂が続きます。ツアー客などが車で通り過ぎるのを見送りながら、汗を拭き吹きようやく遺跡の入り口にたどり着きました。
 
 カハルペチは小さな遺跡で、見るところもそんなにありません。ただ、森に囲まれた静かな遺跡で時間を気にせずに散策するにはいいところです。

カハルペチ

 ほとんど人がいない遺跡を歩いていると楽しくなりました。ところが、入り口に続く通路から突然日本語が聞こえてきたのです。見ると、日本人のツアー客が大勢歩いてくるのです。それも老人がほとんどです。

 こんなところまで日本のツアー客が来るのかと思いましたが、運転手が「この辺に来る団体客の多くは大型客船のカリブ海ツアーの連中だ」と言っていたのを思い出しました。きっと、この日本人たちもカリブ海を楽しんでいるツアー客でしょう。苦労しなくても済む、優雅な旅もいいですね。

 これで、ベリーズの旅は終わりです。次は、一足飛びにメキシコに行き、この旅の最大の目的である世界遺産カラクムル遺跡に向かいます。




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/262-faf32e16

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。