ペルー情勢に変化の兆し

 2009-06-18
 
 ペルーにおける政府と先住民組織の対立に新たな展開が見られます。

 6月9日のブログでも書いたように、6月上旬、アマソニア州のバグアの近くで道路封鎖をおこなっていたアワフン族の先住民に対して、警察が銃撃を行って30名以上の先住民が死亡しました。

 このバグアの映像がyoutubeにありました。凄まじい銃撃戦の様子が撮影されています。



 その後、ペルーのイェウデ・シモン首相は、先住民が反対していた土地を売買をめぐる法令の撤廃を表明したようです。先住民側もこれを評価して抗議行動を停止することになっているようです。

 また、シモン首相はこの紛争を解決した後に辞任する意向も示したということです。
 
 これで、自体が沈静化し、先住民の権利が保護されるようになればいいのですが・・・。

 これからもペルー情勢には注意していきたいと思います。


 よければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/30-f00482c6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫