スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

マチュピチュに優る知られざる遺跡ピサック

 2013-02-17
 クスコの北に「インカの聖なる谷」と呼ばれる地域があります。標高3400mのクスコから山を下った、インカ時代から続く多くの村が点在する標高2800m前後の谷間のことです。

 近年、マチュピチュ観光が盛んになるにつれてクスコにおける高山病が問題になったことから、標高が低く高山病になりにくい聖なる谷が宿泊地として注目され、急速に観光化が進みました。同時にこの地域にあるインカの遺跡も注目されるようになったのです。

 この谷では、オリャンタイタンボ、ピサック、チンチェロの3つの遺跡が有名ですが、今回は観光ルートに乗っていながら、その全貌はあまり知られていないピサックを訪ねることにしました。

 ピサックは日曜市で有名な村で、クスコ市内から定期バスが出ています。地元の人で満杯のバスは1時間弱でピサック村に着きました。料金は2.5ソレス(約90円)でした。

 ピサックの遺跡は村の背後にそびえる山の上にあります。村から整備された登山道があるのですが、かなり大変な山道ですので、山頂にある遺跡の最上部の入り口までタクシーで行くのが楽です。ツアーに参加する一般の観光客も、バスでこの入り口に直行します。

ピサック5
ピサック村にある遺跡への登山口

 村のタクシー乗り場に行くと係員が料金表を提示して「遺跡入り口まで片道25ソレス」といいます。バスの10倍ですが仕方ありません。これがタクシーを待たせて遺跡観光すると60ソレスになってしまいます。

 タクシーは舗装された快適な山道をドンドン登っていき、約10分で遺跡の入り口に着きました。何台もの観光バスが駐車場に停まっており、様々な国の観光客が列をなして遺跡に入って行きます。私は、うんざりしました。

 遺跡は観光客が多すぎると雰囲気がぶちこわしですし、いたるところ記念写真を撮る人ばかりで、私はまともに写真も撮れません。特に、南米の人たちはあきれるほど写真好きで、一つの場所に長時間とどまって何枚もの記念写真を撮っています。それが、次々とやってくるのですから、「いいかげんにしろ!」と言いたくなってしまいます。

ピサック1
観光ルートで行く最初の遺跡。人がいない写真を撮るのは大変。


 ピサック遺跡は山の中に何カ所もの遺跡グループが点在しています。最初の遺跡グループは周囲の絶景と相まってなかなか見応えがあるいいところです。それだけに、観光客の写真撮影も凄まじく、少し疲れを感じながら次の遺跡グループに移動しました。

 次は最初のグループより規模が大きい遺跡で、マチュピチュのように山の頂上に作られています。ここからも周囲の山々や緑に覆われた美しい田園光景が見渡せますし、遺跡自体も構造が複雑で、見所が多いいい遺跡です。ただ、インカが得意とした石をピッタリ組み合わせる技術は見ることができません。

ピサック3
山の頂上に作られた規模の大きい遺跡


 観光ツアーはこの二つの遺跡を見学して終わりです。これで約2時間。タクシーを待たせても同じです。しかし、実はピサックの良さはこれでは半分も分からないのです。

 二つ目の遺跡の下にピサック村に向かう道があります。これを歩いていくと、岩山の絶壁の縁に付けられた道になるのですが、そこから周囲の絶景を見ることができます。道の途中にはインカが岩を掘って作ったトンネルがあり、それをくぐると深い谷底を望む展望台があります。ここから見た周囲の景色の美しさと雄大さに心奪われます。狭い谷間を望むコンパクトな風景であるマチュピチュをはるかに凌ぐ絶景です。

 この展望台までくらいは来る人もいるのですが、その先になるともうほとんど人はいません。それ以上行くのはピサック村まで歩く人くらいです。 

 さらに道は断崖伝いにどこまでも続きます。時に急な登りになりますが、たいていは下りですので、あまり疲れずに歩くことができます。周囲の景色を楽しみながら、ゆっくり1時間弱歩くと、眼下に新たな遺跡群が現れます。

 これが、これまでの遺跡とはちょっと雰囲気が違います。これまでの遺跡は石組みが荒かったのに、この遺跡はほぼすべての構造物がインカ特有のピッタリ組み合わされた美しい石組みなのです。ここはインティワタナと呼ばれる場所です。

 同じ名前の場所がマチュピチュにもあります。これは日時計を意味するもので、自然石を加工して時間を計れるようにしている場所です。時間を司るのは農耕民族のインカにとっては非常に重要なことで、神事として行われていたのでしょう。そのために、周囲の建築物はすべて神殿様式の美しい石組みになっているのです。

ピサック2
インティワタナの神殿。石壁の作りがほかの遺跡とは違う


 こうした美しい石組みはマチュピチュにもありますが遺跡のほんの一部でしかありません。こちらは、この遺跡グループ全体が美しい石組みでできており、神秘的な雰囲気が際だっています。遺跡を望む小高い丘があり、そこに上るって見ると、背後の山と神殿群が美しく調和して見えます。この光景にはちょっと感動しました。

 ここから、15分ほど山を下ったところに、また別の遺跡があります。こちらは断崖を望む場所にあり、扇形に作られた住居跡があるのですが、その形から監視所のような役割もあったと推測できます。

 この遺跡を過ぎると、まとまった遺跡はもうありませんが、所どころに石垣や深い谷を望む見張り所のような構築物などが作られているのを見ることができます。この辺まで来ると、広大な聖なる谷の川筋に広がる美しい田園風景とピサックの村が眼下に見えます。それは素晴らしい光景で、疲れも吹き飛ぶような感じで、歩くのが楽しくなります。

 こうした爽快な感覚はマチュピチュでは決して味わえないでしょう。一時、平坦でまっすぐな道が続きますが、やがて急な下り坂になります。ピサック村とは反対側の山に面してインカの段々畑の美しい光景が眼前に迫ります。急な岩だらけの道を降りていくと、反対側の山から流れ出た川にぶつかり、そこに掛けられた橋を渡ると轟々と音を立てて落ちる滝が現れます。

ピサック4
音を立てて水が流れ落ちるそばを降りていく。

 この辺の景色も美しく、思わず足を止めて見とれてしまいました。やがて、ピサックの村が迫り、村人達が道筋に現れます。季節柄、花々が咲き乱れる野原が広がっています。珍しいボール状のオレンジ色の花が咲き乱れる場所があり、足を止めて写真を撮っていると、ブーンという音がします。

 蜂にしては音が大き過ぎ、ビックリして周囲を見ると、なんとハチドリが十羽ほど飛び回っているのです。小さなハチドリはせわしなく動き飛び回ります。普通はすぐにどこかに飛んでいってしまうのに、このハチドリたちはいつまでも私の周囲の花畑を飛び回り、花の蜜を吸ったり、枯れ枝に止まったりしているのです。こんなに近くでハッキリと、しかも、たくさんのハチドリを見たのは初めてです。ハイキングの最後に出会った感動の締めでした。

 景色と遺跡とトレッキングコースを総合的に見て、このピサックはマチュピチュより上だと思います。ただし、自分の足で歩いて、すべて見なければダメです。観光で見る最初の二遺跡だけでは、インカによくある平凡な遺跡に過ぎません。

 後でツアー会社の人に聞くと、「ツアーではインティワタナまでは時間がかかりすぎて行けない。本当はあれを見なければ価値がないのはわかっているけど・・・」というのです。そして「ピサックはマチュピチュに負けないと思が、観光客はマチュピチュしか眼中にないから仕方ない」と続けました。

 ハッキリ言って「ピサックを見ればマチュピチュに行く必要はない」というのが私の感想です。今のマチュピチュは、入場料50USドルも払って、人間の行列を見に行くようなものですから。

 ピサックは今回の遺跡巡りの旅で最高の一日でした。  


 
 次はピキヤクタ遺跡とティポン遺跡に向かいます。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト
タグ :
コメント
観光客のいなくなる午後に訪れるとよいでしょう。昔は行く人が誰もいませんでした。30年前は自分たちだけの遺跡になっていたのですが、、。

【2013/02/17 10:24】 | ナオキータ #- | [edit]
ナオキータさん、コメントありがとうございます。
昔は観光客が少なくて、どこも良かったですね。
ピサックの遺跡は午後が空いていていいというのは、いい情報です。
ありがとうございました。
【2013/02/17 23:59】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
今回の旅は特にマニアックな旅ですね。 新発見続々では?
【2013/02/19 08:55】 | キャツトフィッシュ永井 #- | [edit]
キャットフィッシュ永井さん コメントありがとうございます。
確かに結構マニアックだと思います。クスコ周辺の旅は二度目ですが、こんなにいい遺跡があるのは今回初めて知りました。空気が薄くてちょっと辛いですが、いいところです。
【2013/02/19 12:03】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
遺跡話大好きです。これからも楽しみにしています。
【2013/02/19 14:33】 | TOMOKO #EBUSheBA | [edit]
TOMOKOさん ブエノスアイレスからのコメントありがとうございます。
遺跡は楽しいですね。これからも、あまり人の行かない遺跡を紹介して行きたいと思います。
よろしくお願いします。
【2013/02/19 23:48】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
2月にペルーに行きます。
ピサックで、朝メルカードをひやかして、ヴィクーニャさんの行った遺跡をめぐってピサックに戻ると何時ころになるでしょうか。当日、車を雇ってマラス塩田もまわりたいのですが無理でしょうか?
【2014/01/29 12:39】 | しゅうん #- | [edit]
ピサックのトレッキングは、どの程度、遺跡を見るかで違います。ゆっくり回るなら4~5時間程度、素早く回っても3時間はかかるでしょうね。朝早めにクスコを出れば、マラス塩田も回るのは無理ではないと思います。私は、チンチェロからマラスに行こうと思いましたが、この時期は、雨季で毎日のように雨が降ります。このため、塩田は茶色になっていると聞いてやめました。いずれにしろ、天候次第で行程は変わると思います。
【2014/01/30 09:54】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
ご回答ありがとうございました。
【2014/01/30 13:33】 | しゅうん #- | [edit]
こんにちは!今クスコにいるのですがピサックの遺跡凄く興味深いです。
ちなみにヴィクーニャさんは日帰りで行った感じですか?ピサック遺跡の入場料ってわかりますか?
【2014/02/10 22:40】 | けん #- | [edit]
 メキシコでネットがつながらない所にいたため、返事が遅くなりました。
 ピサックは日帰りで十分に行けます。クスコからピサックまではバスで1時間ちょっとだったと思います。
 入場料は、いま、データを持っていないのですが、そんなに高くないと思います。
 少なくとも、マチュピチュのようなことはありません。クスコからは、気軽に行ってこれますので、時間があれば是非どうぞ。
【2014/02/13 08:47】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/19 15:31】 | # | [edit]
コメントありがとうございます。ピサックは落ち着いた村ですから楽しいと思います。
【2015/05/21 10:11】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/306-cfc65a36

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。