スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

話題の映画「ゼロ・グラビティ」を製作したメキシコ人監督

 2013-12-25
 最近、話題になっている映画「ゼロ・グラビティ」を見てきました。

zerog.jpg


 宇宙空間のスペースシャトルで作業をしていた乗組員が突然の事故にあい、絶対絶命の宇宙から地球に戻ろうと努力する様を描いた、非常にシンプルなストーリーの映画です。

 テレビの映画評などでも絶賛された作品で、かなり期待していきましたが、評価されるだけのことはあると思いました。3Dで見たのもよかったのですが、宇宙ステーションなどのリアルさが半端ではなく、宇宙空間の恐怖も味わうことができました。

 で、何でこれがラテンか?ということですが、実はこの映画の監督はメキシコ人のアルフォンソ・キュアロンという人なのです。

 キュアロン監督は、私も勉強したメキシコ国立自治大学で映画製作を学んだのですが、2001年の「天国の口、終りの楽園」という作品で注目を集めました。

 実は、メキシコ国立自治大学では様々な場所で映画の上映会が行われており、私も毎日のように学内で映画を見ていました。1994年当時、メキシコ映画はまだ世界的な評価を得る作品は少なかったのですが、学生などの映画に対する関心は日本よりはるかに高かったと思います。このため、私は学内で数多くの黒沢作品を見ることができました。

 当時、メキシコ映画よりは日本映画の方がまだ少し先を行っていると私は安心していたものです。ところが、日本に帰国して「天国の口、終りの楽園」を見たときに、これは日本はもう抜かれたと思いました。これは、本当に素晴らしい作品でした。

 しかも、その少し前、もう一人のメキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥも出てきていました。彼が作製した「アモーレス・ペロス」も素晴らしい作品でした。その後、菊地凛子が出た「バベル」でカンヌの監督賞を受けています。

 この二人の前に日本映画は完全に敗北したと言えるでしょう。

 特に、キュアロン監督は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」などで評価を固め、「ゼロ・グラビティ」の制作に至ったのです。

 「ゼロ・グラビティ」は、新しい時代を切り開いた映画という評価もありました。それを成し遂げたのがメキシコ人監督というのは、私にとって、ちょっと嬉しいことでした。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/323-0d2c2cf1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。