マチュピチュの道路が崩れ通行止に!!

 2014-01-13
 ペルーのマチュピチュ遺跡へつながるバス道路が1月10日に崖崩れを起こし、通行不能になっているそうです。

 ニュース映像で見ると、かなり大きな石が道をふさいでいます。いちおうショベルカーも入っていますが、基本的には石を手作業で取り除いているため、道路の復旧には時間がかかりそうです。

machu.jpg


 ただし、歩いてマチュピチュに登る道はあるため、体力に問題なければ遺跡に行くことは可能です。ニュース映像でも、雨の中、合羽を着て山を登る観光客の姿が映っていました。

 マチュピチュ周辺では、雨季に当たる1~2月は毎年何か問題が起こりますので、観光するにも予定通りにはいかないと覚悟したほうがいいと思います。

 私は、昨年2月に行きましたが、この時も大雨で川が増水したことから2日間マチュピチュへの入場が禁止になりました。ツアーで日程が決まっていたら、アウトですね。

 クスコ周辺では毎日のように雨が降りますので、いたるところで浸水被害やがけ崩れなどの問題が起きます。リマからクスコに行く飛行機も、大雨が降ると視界不良ということで飛びません。2時間や3時間遅れるのは日常茶飯事のことですから、これからこの地方に旅行する計画がある方は、余裕を持った日程を組んだ方が無難です。

 それならマチュピチュは乾季に行った方がいいかというと、そうでもありません。

 雨の時期は、美しい周囲の緑に覆われた遺跡が見れますし、なにより雲の中から現れる遺跡やワイナピチュの姿は神秘的で、感動します。乾季では、こうした光景はなかなか見れないと思います。

 この時期の旅行は大変ではあっても、行く価値はそれ以上にあるのではないでしょうか。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/326-75282e9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫