神秘のマヤ遺跡「ヤシチュラン」へ行く!

 2014-01-19
 メキシコシティから飛行機で、メキシコ南東部の有名なマヤ遺跡があるパレンケに着きました。ここから、ボナンパクとヤシチュランという、一般にはあまり知られていない遺跡を訪ねます。

 パレンケは世界遺産にも登録されたかなり有名な遺跡です。観光客も多く、2013年には近くに飛行場もできました。ただ、便が少ないため、パレンケに行くにはビジャエルモッサという街まで飛行機で飛ぶのが一般的です。ビジャエルモッサの飛行場からはバスで2時間程度でパレンケに着きます。

 パレンケは三度目の訪問です。最初にここに来たのは30年以上前で、道で豚が泥遊びしている、本当に小さな田舎町でした。それが、20年前に来たときは、遺跡が有名になったことで観光客が大幅に増え、街は大きくなっていました。ただ、当時、ボナンパク、ヤシチュランに行く人は少なく、ツアーが見つからず断念したのです。

 今のパレンケは、もう昔の面影はありません。メイン通りに沿って、レストラン、ホテル、ツアー会社、各種商店が立ち並び、メキシコ人に混じって外国人観光客が大勢歩く、華やかな場所になっています。


メイン通りに面したタコス屋で食事。観光客も多い。


 ホテルに荷物を置いて、ツアー会社を訪ねると、ボナンパク、ヤシチュランのツアーは毎日出ているということでした。マイナーな遺跡にも関わらず、お客が途切れないそうで、それだけマヤ遺跡に対する人気が高くなったということでしょう。
 
 ツアーには、1日と2日があります。周辺も含めてじっくり回るには2日はほしいのでしょうが、遺跡だけを見るなら日帰りでも問題ありません。料金はツアー会社によって異なるのですが、私が申し込んだ会社は1日ツアーで600ペソ(5000円弱)でした。これには、朝食、夕食、遺跡入場料、遺跡までのボート代が含まれます。遺跡巡りに必要な経費が全て込みということです。

 ちなみに、昼食が抜けているのは、遺跡訪問を終えてから食事になるため、昼時には食事できないためです。

 朝6時にホテルを出発し、帰りは夕方7時になります。丸1日の長丁場ですので、腸が弱い私は体調に少し不安を感じました。案の定、夜中に激しい下痢に見舞われました。長い車の移動に耐えられるか、不安を抱えての出発になりました。


ツアーのワンボックスカー。お客で満員状態だった。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/328-3dec5b76

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫