隠れた?ビーチ「プエルト・エスコンディード」

 2014-02-02
 「風邪を治すため、暖かいところに行こう」ということで、サンクリから、12時間かけて太平洋岸のビーチリゾートであるプエルト・エスコンディード(隠れた港)にやってきました。

 名前の由来は知りませんが、メキシコ太平洋岸にいくつかある有名ビーチと比べ、海外ではあまり知られていない隠れビーチリゾートです。そのため、ここに来るのはメキシコ人が多く、ビーチ周辺はかなりローカルな感じです。


 プエルト・エスコンディードのプラヤ・プリンシパル。船と魚を狙うペリカンが多い。


 ただし、近年はプエルト・エスコンディードのメインビーチの隣にあるシカテラ・ビーチがサーフィンのメッカとして知られるようになりました。このビーチ周辺は雰囲気が違って、外国人観光客を相手にしたホテルやレストランが軒を連ねています。サーフィン好きの俳優、坂口憲二もテレビ番組でここに来たのを見たことがあります。


 長いシカテラビーチ。人が少なく、欧米人が多い。


 シカテラの海岸通り。洒落たレストランやホテルが並ぶが、結構リーズナブルな感じ。


 実は、プエルト・エスコンディードの周辺は太平洋岸に点々とビーチがあり、できるだけ人が少ない場所を求める旅行者が次々に移動しているようです。たしかに、週末のプエルト・エスコンディードは人が多くて、ビーチもあまり綺麗ではありません。シカテラはいいのですが、波が荒いので泳ぐには向きません。

 私は着いた日に道に迷ってしまい、エスコンディードの西の岬を越えた所にあるプラヤ・マンサニーリョに行ってしまいました。そうしたら、ここには波が静かで水も綺麗なビーチがあったのです。小さな海岸なのですが、両側が岩場になっていて、潜ると魚がたくさんいるのです。ここも、週末はメキシコ人で大賑わいになるのですが、平日は海岸に並ぶ海の家でベッドチェアに寝転がりながらビールを飲むという、楽園気分を味わえます。


 プラヤ・マンサニーリョの海の家で朝食を食べた。海が綺麗だった。 


 こういったリゾート地で問題なのはホテルと食事ですね。カンクンのようなところに行くと、高いホテルしかなくて困るのですが、エスコンディードは主にメキシコ人相手ですので、安くて良質なホテルがけっこうあります。また、ちょっと高いホテルに泊まりたいなら、隣のシカテラビーチにたくさんあります。

 残る問題は食事です。はっきり言ってエスコンディードには大した店がありません。ビーチに外国人相手の高いレストランはあるのですが、リーズナブルな店はメキシコ人相手の食堂が何軒かあるくらい。かえって、シカテラのほうが値段は少し高めですが、気が利いた店があります。
 
 そんなことで食事に困っていたら、宿の主人が車でダウンタウンに連れていってくれたのです。観光客はあまり行かない市場のそばにおいしいレストランがあると教えてもらい、入ってみました。

 店はバラックのような作りなのですが、店先に肉やチョリソを焼く炭火のグリルがあり、その後ろではトルティーヤを焼きながらオアハカチーズを載せたりしています。それは、おいしそうな光景でした。

レストラン


 昼時は客が多いのですが、私は少しずらしたため、問題なく座れました。すぐ、揃いの民族衣装を着た女性が来て、「今日の昼のメニューはこれ、これ、これ・・・」と、料理名を挙げていきます。メニューもあるのですが、彼女が言う中から選んだ方がいいと思い、以前から食べたかった「モレネグロ・コン・ポヨ(若鶏の黒モレソースがけ)」を頼みました。

 モレというのはメキシコ独特のソースですが、地域によって少しずつ違います。オアハカの「黒いモレ」と言うと、プエブラ名物のモレポブラーノと同じ、チョコレートを使った真っ黒なソースになります。

 黒いモレはけっこう難しい料理で、レストランによってはとんでもない味のものが出てきます。後日談ですが、オアハカのブッフェレストランで食べたこの料理はまずくて、食べられませんでした。ここのは、大きめの皿に真っ黒な液体がたっぷりかかったチキンがあり、脇にライスが添えてあります。見た目はおいしそうです。

モレ


 慎重にナイフでチキンを切り、真っ黒なソースと共に口に入れました。その瞬間、誰かにその味を伝えたくなりました。「おいしい」という一言では済まない、奥深いこくと絶妙な甘み、そしてちょうどいい辛さ。私は嬉しくて、ウエイトレスに笑顔で「ビエン(グッド)」と伝えました。その味は、すごくこくのある黒カレーという感じです。

 そして、キッチンで焼いているケサディージャ(チーズ入りトルティーヤ)を欲しいと伝えると、彼女はすぐに一枚持ってきてくれました。焼きたての香ばしいトルティーヤを半分に折り、タップリと溶けるオアハカチーズが入っています。もちろん、これもおいしかったです。

 食事が終わり、勘定を頼むと、飲み物も含めてわずか75ペソ(600円くらい)でした。ちなみに、オアハカのレストランではモレネグロ一皿で150~200ペソ(1200~1600円くらい)もします。

 「またここに来たいなあ」と思いながら帰りましたが、遠いためタクシーで来なければなりません。結局、一度きりになってしまいました。


 次は、オアハカに向かいます。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
  
 
スポンサーサイト
タグ :
コメント
プエルト エスコンディードのついて調べていたら
こちらのブログにたどり着きました!
このモレとても美味しそうですね!!
来月、プエルト エスコンディードへ行く予定です。
よろしければこのモレを食べられる場所を教えてください!
【2014/04/21 15:35】 | えみ #NqNw5XB. | [edit]
えみさん
コメントありがとうございます。
来月プエルトエスコンディードに行かれるのですか、うらやましいです!

モレの店ですが、プエルトエスコンディードのダウンタウンにある市場のそばにあります。
店の名前は「ラス・フキレーニャス」といいます。有名ですから市場周辺で聞けばすぐわかると思います。
モレだけでなく、いろいろとおいしそうな料理がありますので試してみてください。

【2014/04/21 17:46】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
お返事ありがとうございました!
私もヴィクーニャさんの旅を参考にし、
オアハカにも行く事にしました!
なかなか旅情報が集まらないのでヴィクーニャさんのブログで助けられました!プエルトエスコンディードからオアハカまでの
バス移動が少々不安ですが、楽しんできます!
モレも必ず食べてきます!情報ありがとうございました!
【2014/04/22 02:14】 | えみ #NqNw5XB. | [edit]
この情報が旅行のお役に立てれば幸いです。
メキシコのバス移動は時間がかかりますが、1等バスを選べば快適に旅ができます。
余裕をもって、旅行を楽しんできてください。
【2014/04/23 17:54】 | ヴィクーニャ #- | [edit]
ヴィクーニャさん!
お店には目立った看板もなく、何度か通り過ぎましたが無事に探し当て、本日!念願のモレを食べて来ました!とっても美味しかったのでまた行こうと思います!
美味しい店を教えて頂きありがとうございました!
【2014/05/21 11:47】 | えみ #bGf9qjkw | [edit]
見つかってよかったです。
ここのモレは美味しいですよね。
今度行ったら、他の料理も食べてみてください。
私も、また行きたくなりました。
【2014/05/21 19:07】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/332-b91785af

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫