メキシコで日本料理を食べに行く!

 2014-04-04
 メキシコシティには日本料理店が多いのですが、特にすし屋が多いですね。

 私が滞在した日本人宿の近くにあるアラメダ公園の横の複合ビルには「Sushi Itto」という、メキシコ各地に広がるすしチェーンの店舗があるのですが、さらに、このビルのフードコートにも巻き寿司などを売る店があるのです。ちなみに、メキシコのすしは巻物が中心です。

 あまり高いすしは食べれないので、昼にこのフードコートで一番安いすしを買ってみました。値段は40ペソ(320円くらい)ですが、内容はキュウリとカニカマ程度で、日本でもこれは高いですね。ヘルシーなのは確かですが、これがメキシコ人に受け入れられるのか疑問です。ただ、「Sushi Itto」のメニューを見ると、日本では考えられないバラエティに富んだ巻物があり、惹かれるものがあります。

makisusi1.jpg
フードコートのすし屋で買った巻物。


itto.jpg
「Sushi Itto」のメニューの一つ。


 さて、今回はちゃんとした日本食を食べようと思い、まず、メキシコシティの観光の中心地で、日本大使館なども近くにあるソナ・ロサに出かけてみました。ここには、たくさんの日本料理店やすし屋があります。しかし、なかなかこれという店が見つかりません。ここはあきらめて、少し遠いのですが「ナガオカ」という店に行くことにしました。

 20年前に何度か行ったことがある隠れ家的な店ですが、今でも支店を出すなど健在です。場所は、ポリフォルムという壁画の巨匠シケイロスの美術館があるところの近くです。ここには地下鉄の駅はないのですが、メトロバスという便利な交通機関の駅があります。メトロバスには様々な路線がありますが、インスルヘンテス大通りを走る1号線で、南に下ると右側に、ワールド・トレード・センター(WTC)の大きなビルと共に、独特なデザインのポリフォルムが見えます。

metrobus.jpg
移動に便利なメトロバス


 駅を出て、人通りの少ない道を5分ほど歩くと、住宅街の中にひっそりと佇む「ナガオカ」があります。夜は看板が光るのでいいのですが、昼間は周囲の家の間に埋もれるような感じで、ちょっと場所が分かりにくいです。支店の方はインスルヘンテス大通りに面していて分かりやすいのですが、私はこのひっそりとした雰囲気が好きなのです。

nagaoka.jpg
ナガオカの玄関


 時間が早かったため、お客はあまり多くなく、誰もいない二階のテーブル席の部屋に通されました。以前は、ここの握り寿司が好きで、何度か食べました。海外で食べる握り寿司としてはかなりいいレベルだと思います。しかし、今回はボリュームのある食事がしたかったので「和定食」を選びました。

nagaoka2.jpg
メニューにある和定食


 値段は230ペソ(約1900円)ですが、品数が多く、これを単品で頼むのに比べ、かなりお得です。まず、刺身の盛り合わせ、タコの酢の物、おしんこが出てきました。刺身は3種類ほど入っていてどれもおいしいですし、タコの酢の物も酢の具合がよく、おいしくて食べ応えがあります。ビールを飲みながら食べていると、メインが登場です。天ぷら盛り合わせと、ヒレカツの盛り合わせ。両方とも、これだけで1人前の量があります。天ぷらはエビが3本に後は野菜ですが、日本と変わりません。ヒレカツもおいしいです。

watei.jpg
まずは酢の物と刺身が出て来る。ご飯とみそ汁はまだ早い!


 おいしいですが、全部食べると量が多すぎです。できれば、ご飯とみそ汁は後から出してほしかった。刺身と一緒にご飯も食べてしまったのは余計でした。

 しかし、基本的には大満足です。このメニューは、メキシコ人向けにバラエティに富んだ日本料理を紹介するサービスなのかも知れません。日本だと、この値段でこれだけ豪華な定食は食べられないと思います。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/343-278f36c8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫