人気の観光地 クエルナバカに行く!

 2014-04-20
 メキシコ近郊の観光地はいろいろとありますが、海外の観光客に人気が高いのは、気候がよく、のんびりした雰囲気があるクエルナバカだと思います。

cuerna5.jpg
コロニアル調の綺麗な街路が多いクエルナバカ。

 メキシコシティからバスで1時間半ほどで行けますから日帰りでも十分に観光できますが、のんびり楽しむにはやはり1泊はしたいところです。

 私は、クエルナバカ近郊にある世界遺産のソチカルコ遺跡も回るため、宿泊が必要になります。早速、Expediaを使ってホテルを探し、特別価格で1泊5000円くらいの所を見つけて予約しました。

 メキシコシティの南ターミナルからクエルナバカ行きのバスが出ています。バス会社は何社かあるのですが、クエルナバカの街の中心近くにターミナルがあるPullumam de Morolos社のバスを選んで乗りました。1等バスですから、綺麗で快適です。

 時間通りにクエルナバカに到着。バスから降りると、メキシコシティより暖かく、快適な気温です。ホテルまでは歩いても行けるのですが、少し距離があるのでタクシーを使うことにしました。運転手に聞くと30ペソ(240円くらい)といいます。少し高いのですが、観光客値段ですから仕方ありません。

 ホテルは街の中心からちょっと離れた所にありました。隠れ家的なホテルで、かなり寂しい場所でしたから、やはりタクシーで来て正解でした。車寄せに係員が迎えに出て来てくれ、すぐに受付を済ませて、部屋に案内されました。

 ホテルはプールのある中庭に面して平屋の部屋が並んでいるリゾートタイプです。部屋の前にはパラソルとビーチベッドもあり、暑い日差しを避けてのんびりできそうです。部屋の中も一般的なシティホテル程度の設備と広さで、日本なら1泊1万円以上はしそうな感じでした。シーズンオフですので客も少なく、安い価格でラッキーという感じです。

 早速、短パンとTシャツに着替え、部屋で沸かしたコーヒーを用意し、ビーチベッドに寝転がりました。昼下がりの強い日差しが気持ちよく、睡魔に襲われて、しばしシエスタを楽しみました。こんな開放的な気分は、メキシコシティではなかなか味わえないと思います。

cuerna3.jpg
部屋から見たホテルのプール。

 クエルナバカの観光スポットとしては、豊臣秀吉の命令で死刑になった日本の26聖人の殉教壁画があるカテドラルとか、スペイン人征服者エルナン・コルテスの宮殿などがあります。遺跡好きなら、街外れにテオパンソルコという小規模な古代遺跡がありますが、一般向きではありません。


cuerna6.jpg
カテドラルの26聖人の殉教壁画

 クエルナバカでいいのは、落ち着いたコロニアル様式の街並みの中に洒落たカフェやレストランが多く、のんびり歩くと楽しいところだと思います。私は、街中をゆっくり散歩し、疲れると、カフェでフルーツを食べたり、コーヒーを飲んだりして過ごしました。

cuerna4.jpg
テラス席の飲み屋が集まる場所は若者たちが多い。

 他の場所と雰囲気が違って面白かったのは、ファッション関係の店が多く、地元の若者たちが大勢集まっているビセンテ・ゲレロ通りです。古いコロニアル様式の柱廊が続く狭い通路を大勢の人が行きかい、すごく賑やかです。観光客が多く、のんびりした中心部にはないクエルナバカの熱気が感じられて、歩いているだけで楽しくなりました。ただし、ちょっと危ない雰囲気がありますので、行くなら注意が必要です。

 次回は、世界遺産ソチカルコに出かけます。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/346-1e4bec22

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫