世界遺産 ソチカルコ遺跡に行く!

 2014-04-24
 今回は、クエルナバカから車で1時間弱の所にある世界遺産の遺跡ソチカルコに行きます。

xochi05.jpg
山の上にあるソチカルコ遺跡


 朝10時ころホテルを出てPullumam de Morolos社のバスターミナルに向かいましたが、前日にソチカルコ行のバスについて調べておかなかったのが失敗でした。切符売り場で「ソチカルコ行きはもうない」と言われたのです。仕方なく、途中でバスを乗り換えて行くことにしました。

 バスに乗る際、運転手に、「ソチカルコの近くに来たら教えて」と言っておいたのですが、しばらくして、運転手ではなく近くに座っていた女性が「あんたソチカルコに行くんだろ。次の角で降りなさいよ」と言うのです。運転手は忘れていたのかもしれません。親切な女性のお蔭で助かりました。

 ところが、そこは気温40度くらいありそうな炎天下の三叉路です。周囲に人影もなく、陽炎がたつような乾燥した大地が広がっています。道路脇に家があったので近付いてみると、そこはレストランで男性がビールを飲んでいます。「ソチカルコ行のバスはここを通りますか?」と聞くと、「通るよ」と応えてくれました。

 店で冷えたコーラを買って飲みながらバスを待ちましたが、一向に来る気配がありません。厳しい暑さにうんざりしていた時、地元民を乗せたタクシーがやって来ました。

 運転手にソチカルコまでの料金を聞くと40ペソ(320円くらい)と言います。「高いね!」と言うと、「じゃあ30ペソ」とすぐに値段が下がりました。遺跡は近くの山の上にあるのですが、歩くとかなり距離がありますから、妥当な値段でしょう。よかったのは、話し好きな運転手だったため車内での会話が弾み、短い時間でも楽しく過ごせたことです。

 ソチカルコ遺跡は今回が2回目の訪問です。1回目は20年前でしたが、そのころは、まだ世界遺産登録もされていなかったし、遺跡修復の大工事が行われていて、ほとんど見るべきところがなかったのです。それがどのように変わったのか知りたいと、ずっと思っていました。

 遺跡には博物館が併設されており、訪問客はまず博物館入り口でチケットを買い、館内を見た後で遺跡に行くという順路になります。遺跡と博物館は離れているので注意が必要です。

 博物館は遺跡併設の施設としてはかなり立派で、展示品も充実している方でしょう。ソチカルコはアステカ文明の前に栄えたトルテカ文明の遺跡ということですが、出土品はマヤやアステカのように豊富ではありません。実は、このトルテカがどのような文明だったのか、いまだによくわかっていないようです。

xochi01.jpg
遺跡から発掘された博物館の展示物


 博物館を見終わると、表示に従って遺跡に向かいます。古代人が作ったという道を5、6分歩くと遺跡の入り口に到着です。そこから遺跡の南側にある石碑の広場まで200mほど道路を辿りますが、太陽の直射日光を浴びながら歩くため、かなり暑く疲れます。遺跡の石垣では大きなイグアナが日光浴をしていますが、観光客の姿はほとんど見えません。

xochi06.jpg
炎天下でくつろぐイグアナ


 この遺跡はかなり規模が大きく、修復も進んでいない場所が多いそうです。ただ、20年前と比べると雲泥の差で、ピラミッド型神殿などがかなり復元されています。石碑の広場の北側にあるのが大ピラミッド。その横を北に進むと、羽毛の蛇のピラミッドと呼ばれる建物がある大きな広場に出ます。

xochi03.jpg
石碑の広場と大ピラミッド

 この羽毛の蛇のピラミッドは20年前にもあり、ほとんど変わっていません。周囲の壁全面に羽毛の蛇とマヤの神官らしき人物のレリーフが施されており、マヤとトルテカの交流を示す重要な建物です。

xochi04.jpg
羽毛の蛇のピラミッド。祭壇のような形だが、中は部屋になっている。


 この広場の西側には住居などが集まったアクロポリス、南西角には三つの石碑の神殿があります。その他の見どころは、北、南、東にそれぞれ配置されている球戯場でしょう。中でも、南の球戯場は規模が大きいのですが、遺跡の中心からは少し距離があるため、そこまで歩いて行くのがちょっと大変です。

xochi07.jpg
綺麗に整備されている南の球戯場

xochi08.jpg
神聖な儀式として行われた球技の想像図。上の輪にゴムのボールを通すと勝ち。


 ソチカルコは世界遺産に登録され、整備が進んだことで注目度がアップし、観光客だけでなく学校の学習などで訪れる人がかなり増えたようです。以前から比べると、見所が多いいい遺跡になったと思いますし、今後、さらに整備が進むことで、注目度がさらにアップしていく可能性が高いと思います。

 帰りは、遺跡の前を通るローカルバスでクエルナバカに戻ることにしました。この時は、1時間半くらいで市場近くのバスターミナルに着きました。街の中心部から離れているのが難点ですが、時間の制約がないなら、最初からこのバスを使った方が楽かもしれません。

 
よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村



 

 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/348-4a365089

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫