サッカーもいいが、安全対策だけはしっかりしよう!!

 2014-06-13

burazil.jpg

 いよいよ、ワールドカップ・ブラジル大会が始まりました。
 
 日本からも大勢のサッカーファンがブラジルに行くようですが、早速、試合のチケットやお金を入れていたバッグを盗られた人が出たというニュースが報じられていました。

 ブラジルの都市がいかに危険か、ニュースなどでさんざんやっています。街を歩いていて物を盗られるのは当たり前の状態なのに、それに対する備えができていない、のんきな日本人は結構多いのではないかと思います。


burazil01.jpg
ファヴェイラと呼ばれるスラムが山に広がるリオ。犯罪の温床として有名な場所だ。


 私がサン・パウロに滞在していた時には、道路を歩いていた旅行者が路地に引きずり込まれて、パンツだけを残して身ぐるみはがれたケースもありました。日本人宿に裸で戻ってきたその人が「靴まで持って行っちゃうんだものひどいよ」と言っていたのを聞いて、みんな可笑しくて笑いをこらえていました。

 もう30年も前のことですが、当時、私たちは強盗にあうことを想定して、外出時は必要最低限の金を持つとともに、Gパンの裏側に1000円くらいの現地通貨を縫い込んでいました。強盗にあって全て持っていかれても、その金を使って宿に帰って来れるように備えていたわけです。

 しかし、彼のようにズボンも持っていかれては仕方ありません。このケースでは、わずかな金と汚れた服と靴だけ盗られたわけですから、大した実害がなく、笑い話で済んだのですが、大変なことになるケースもあります。


burazil02.jpg
サン・パウロの東洋人街にある鳥居と大阪橋。この辺はダウンタウンに比べれば比較的治安がいいが、決して安心してはいけない。



 旅行者がすべて失うというのは、やはり旅やその土地に慣れていない時が多いと思います。

 これは30年前のことですが、一人の若い旅行者が日本人宿に来る途中の路上で、数人の男に囲まれて荷物を奪われました。その中には、全財産とパスポートが入っていましたから、彼は途方にくれていました。哀れに思った日本人宿の主人が、彼のためにアルバイト先を紹介してあげたのですが、それがきっかけで現地に永住することになりました。彼は、30年たった今でも現地で酒浸りの生活をしているということです。

 また、先日、メキシコで一緒の日本人宿にいた若者は、私たちと別れてグアテマラに向かったのですが、そこで首絞め強盗にあって、バッグと共にお金とパスポートを盗られました。その経緯はこうです。

 グアテマラに着いた彼はすぐ日本人宿に行ったのですが、満室だと言われて、別のホテルに行きました。すると、ホテルでは「現地通貨払いでなければ宿泊できない」と言ったそうです。彼はまだ現地通貨に換金していなかったため、公園のベンチに座って途方に暮れていたのです。それも夜中のことです。そこで夜明かししようと思ったのかもしれません。

 強盗にとってはいいカモです。後ろから首を絞め、彼が持っていたバッグを持ち去ったというわけです。

 それでも、お金とパスポートならまだいいです。20年前に、グアテマラで知り合った大学生は、バーに行ったときに喧嘩に巻き込まれて、首を絞められ意識不明の重体になりました。彼は、アメリカの大学に入学が決まっていて、それまでの時間を利用してグアテマラに遊びに来ていたのです。

 旅行というのは楽しいけれど、海外は日本とは違うということを、しっかり認識していないと、大変なことになります。サッカーに浮かれる前に、身の安全を確保するために対策はしかりしておいた方がいいと思います。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
 
 


 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/353-95f38ec0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫