注目される自然保護の国コスタリカ

 2014-12-09

 中南米の数多い国々の中で、小さい国にもかかわらず注目度がアップしている感じなのが中米のコスタリカです。

 7日の日曜日には、福山雅治がナビゲーター役を務めるNHKの「ホットスポット最後の楽園」で、「緑の魔境 生物の小宇宙」として紹介されていました。

crica.jpg



 最近は、これ以外にも、何度もコスタリカを紹介するテレビ番組が放送されています。

 コスタリカは、以前から「軍隊を持たない国」として日本では注目されていましたが、最近は「エコツーリズムの発祥の地」と呼ばれる、豊かな自然と自然保護活動で知られるようになってきているようです。

tortug03.jpg
コスタリカのトルトゥゲーロ国立公園内の水鳥


 なにしろ国土の4分の1が国立公園や自然保護区に指定されており、いてるところ自然だらけの国なのです。自然の中には多様な動植物が生息していますが、コスタリカの場合は、他の地域にも増して多様な動物、鳥、昆虫などの生き物たちがいるそうです。NHKの「ホットスポット最後の楽園」では、その理由と原因も解明しています。

 私が、死ぬ前に一度は見たいと願っている、海亀の大群が砂浜に押し寄せる「アリバダ」も紹介していますので、必見です。
 再放送は、NHK総合の12月11日(木)午前0時40分~1時29分(10日(水)の深夜)となっています。

 ところで、来年1月~2月の「遺跡巡り」では、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラを回ることにしています。コスタリカには遺跡はありませんが、エコツーリズムが楽しみですy。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/363-db2d076f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫