グアテマラの古都アンティグアに到着!

 2015-02-20

サン・サルバドルから「キングス・クォリティー」という、大袈裟な名前の国際バスに乗り、グアテマラにやって来ました。オンボロバスで、TICAバスより安いのです。

サン・サルバドルからグアテマラシティまでの所要時間は5時間ですが、国境越えに手間取ったのと、グアテマラシティに入ってから大渋滞にはまり、朝7時発で到着は午後2時近くになりました。

グアテマラシティは悪名高い犯罪都市ですから、長居は無用。すぐ古都アンティグアに向かうことにしたのですが、このバス乗り場が危険地帯にあるのです。大きな荷物を抱えてうろつくなんて、とんでもない、ということで、タクシーでバス乗り場に向かうことにしました。


国際バスのターミナルに待ち構えているタクシーどもは、勝手が分からない旅行者からぼったくろうとする質の悪い連中ですから、盛んに浴びせられる客引きの声を無視して歩きます。少し離れた通りで1台のタクシーを呼び止め、価格を聞くと30ケッツアル(450円くらい)と言います。

適正価格です。客引きタクシーなら50ケッツアル以上は言うでしょう。運転手も気のいいおっちゃんで、15分ほどでしたが、車内で韓国と日本の違いについて話が弾みました。

アンティグア行きのバスは相も変わらぬ恐ろし気なチキンバス。昔もこれに乗りました。客を身動き取れないほど詰め込んでカーブの多い山道を猛スピードで走ります。隣のおっちゃんの身体がカーブで私にのしかかり、苦しくて仕方ありません。満員バスのジェットコースター状態がいつまでも続くのです。

chikinbus.jpg
グアテマラ名物、ギンギラ装備のチキンバス。怖い‼


実は、後日、快適な直行バスが比較的安全な場所から出ているのを知りました。リテグア社が走らせるこのバスは、値段が高く、本数もすごく少ないのですが、これに乗れたらラッキーです。


20年ぶりのアンティグア。街はあまり変わっていないようですが、ずいぶん人が増え、騒々しくなっています。

antigua01.jpg
アンティグアには学生も多い。


宿はぺンション田代。現地の方と結婚した田代さんという人が開いた宿で、日本人と韓国人が主に利用しています。部屋はドミトリーと個室があり、値段は普通、特に安くも高くもありません。日本人が多いですから旅の情報交換ができるのと、平日の夕食に日本食が食べられるのがメリットと言えます。

tasiropen.jpg
ペンション田代の外観。路地の奥まった場所にある普通の家。看板もないので分かりにくい。


それにしても田代には日本人旅行者が多いです。満員で泊まれないことも珍しくないようですから、ここに行く際は注意が必要です。といっても、高い部屋以外は予約ができないそうです。

tasiropen02.jpg
旅行者が田代で見つけたタコ焼き器を使って、タコ焼きパーティをした。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
タグ : アンティグア
コメント
ガテマラで、たこ焼きとは、、びっくりですね。
中米の珍道中の旅ははまだまだ続きますか?
帰国したら連絡下さい。
今度は趣向かえ、北国のカムチャッカかサハリン、あるいは未開のパプアニューギニアに
一緒に行きませんか?
【2015/02/21 14:28】 | キヤットフィッシュ #- | [edit]
是非、ご一緒したいですね。ただ、私の希望を言わせていただくと、南米の南端、パタゴニアに行きたいですね。食い物はうまいし、物価は安めですから、いい旅ができると思います。
【2015/02/22 08:52】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/374-589902d5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫