グアテマラの古都 アンティグアを楽しむ !!

 2015-02-22
 グアテマラのアンティグアは私が最も好きなラテンアメリカの町の一つです。
 元はグアテマラの首都が置かれていましたが、大地震に襲われて町が崩壊。首都が現在のグアテマラシティに移ってからは住む人も少ない鄙びた田舎町になっていました。

antigua07_R.jpg
現在のアンティグアの街角。


 35年前、中米を旅行中だった私は、何も知らずに偶然この町を訪れたのです。そこでたまたま見つけたのが「禅」というレストランでした。地元の人は「中華料理店だ」と言いますが、名前は日本風です。入ってみると、やはり日本人の若者が店を切り盛りしていました。といっても、客などまったく来ない暇な店で、私は久しぶりに日本食を食べながら彼と話し込んだのです。

 実は、この店を経営していたのは幸さんという日本人でしたが、この時は会えませんでした。その後、アンティグアを散歩した私は、気候がよく、静かで美しい町並みに癒され、凄く穏やかな気持ちになったものです。

 それから10数年たち、環境がいいアンティグアは中南米におけるスペイン語学習のメッカとして人気化し、大勢の欧米人や日本人が住む町になったのです。

antigua01_R.jpg
アンティグアの中央公園。


 このころ、再びアンティグアを訪れた私は、禅の幸さんとお会いし、酒を飲みながら昔話に花を咲かせました。「アンティグアには多くの観光客が押し寄せ、グアテマラで最も栄える町になったが、昔の良さはなくなった」というのが私たちの話の中心でした。

 それから2週間ほど旅行してアンティグアに戻った私は、「幸さんが殺された」と友人から聞かされました。夜、近郊のバーに飲みに行って喧嘩になったようです。しかも、当時、私と同じ語学校で勉強していた仲間も幸さんと一緒にいて重傷を負ったのです。人の運命は分からないものです。

 最初の訪問から35年後、三度目の訪問をした私の目に映ったアンティグアは、とんでもない観光地となっていました。とにかく人が多く、以前は少なかった欧米人の団体観光客も大勢歩いています。禅はなくなりましたが、別の日本食レストランもあるし、韓国料理や中華料理店ももちろんあります。特に多いのが、洒落たコーヒー屋やケーキ屋です。地元の人がコーヒーを楽しむようなことは少ないので、客のほとんどが欧米人の観光客です。

antigua04_R.jpg
中央広場のコーヒー屋さん。


 20年前、すでに「ドニャ・ルイサ」という欧米のカフェがあり、私たち語学校の生徒たちは毎日のように店でコーヒーを飲みながら勉強したり、歓談したりしたものです。この店に今回も行って見ました。昔とほとんど変わりませんが、客が増えているのは確実で、朝から朝食を摂る人たちでほぼ満席でした。この店はアメリカ式でコーヒーは飲み放題ですが、うすくて、おいしくはありません。おいしいコーヒーなら中央広場周辺に専門店がたくさんありますので、そちらのほうがお勧めです。

antigua02_R.jpg
ドニャ・ルイサの外観。二階建ての白い家。

antigua03_R.jpg
お客がいっぱいのドニャ・ルイサの中庭席。


  町一番の見所は時計台のアーチがあるアルコ通り(アベニーダ5ノルテ)です。中央広場とアンティグアのシンボルでもあるラ・メルセー教会を結ぶ石畳の通りには、ホテル、レストラン、バー、土産物屋などが集まり、常に大勢の観光客が行き来しています。ラ・メルセー教会側からアーチを見ると、町の背後にあるアグア火山がアーチに収まる美しい風景が見られます。お勧めは観光客が少ない早朝に行くことです。コロニアルの美しい町並みと、雲をたなびかせた富士山のようなアグア火山の組合わせは絶妙です。

antigua02.jpg
アンティグアの象徴的なアーチ(アルコ)がある通り。

antiguaarco_R.jpg
アグア火山がアーチに入る。


  アンティグアにはキリスト教の教会が多いのですが、中でもラ・メルセー教会の美しさは際立っています。淡い黄色に塗られた教会正面の装飾は中南米でも屈指の美術的な価値があると思います。早朝のミサに出席すると、ギターの伴奏で聖職者が歌う美しい賛美歌を聞くことができました。心が洗われる思いでした。

antigua05_R.jpg
ラ・メルセー教会の正面。


 アンティグアの見所はいろいろとあるのですが、小さな町ですから、なるべく朝早く起きて散歩するのがいいと思います。コロニアル調の街路も場所によって異なった美しさや味があり、歩いているだけでも新しい発見があって面白いのです。気が向けば教会に入ってミサの賛美歌を聞いたり、地元の人と話したりするのもいいものです。ただし、昼間は車も人も多く、大勢の物売りや観光客がいてうるさいのでお勧めしません。

 
よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村




 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/375-41addffb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫