スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

グアテマラシティの博物館を巡る!

 2015-05-01
 帰国日を前に、今日はグアテマラシティの博物館を巡りました。

 シティの博物館は基本的に2カ所。1カ所目は街の南側、ソナ13にある国立考古学民族学博物館、2カ所目は街の南東に位置するフランシスコ・マロキン大学内にあるポポルブフ博物館とイシチェル博物館です。

 宿泊している宿ハポンテナンゴから、どうやって行くかが問題です。タクシーを使えば簡単ですが、お金がないので節約するために路線バスを利用することにしました。

 宿のそばには幹線道路CA-1が通っており、通勤などの客を乗せたチキンバスがかなり頻繁に走っています。それがどこに行くかは分かりませんし、聞いてもたぶん理解できないでしょう。ただ、幹線道路を走りシティの中まで入って行くのは間違いありませんから、適当に乗って、適当なところで降りればいいと思いました。どうしようもなくなった時はタクシーを使えばいいわけです。

 道路沿いで、やってきたバスを停めて乗り込みました。とりあえず1Qを出すと、運転手が「このバスは2Qだ」と言いますので、1Q追加しました。

 座席に座って、窓の外を見ていると、ソナ10の中心部を抜けているのが分かります。国立考古学博物館の近くにあるというアクエドゥクト(水道橋)が見えましたが、まだ、博物館が近い感じがしません。そうこうしているうちに、バスは立体交差から渋滞に巻き込まれた上、広い道の中央部を走るため、降りる場所がなくなってしまいました。乗客のだれも降りようとする気配がありません。

guatecity.jpg
ソナ10の道路


 バスは広い道の追い越し車線を走り続け、少し焦りました。あまり遠くまで行ってしまうと、戻るためのタクシー代が高くなってしまいます。

 やがてバスは工場地帯の道に入りました。そこで降りる乗客がいたため、私も一緒に下りてみました。自分がどこにいるのか全く分かりません。近くに自動車の修理工場があり、数人の工員がいたので、「国立考古学博物館を知ってる?」と聞いてみました。

 しかし、みんな「知らない。なにそれ?」と言います。そこで、博物館近くにある動物園を知っているか聞いてみると、「それは、ちょっと遠いぞ。歩いたら30分はかかる」と言います。30分くらいなら、十分に歩けます。「まあ、そんなに悪くない場所で降りたな」と思いながら、教えられた方向に向かって適当に歩き始めました。

 やがて、緑が豊かな公園のような場所があり、「国立考古学民俗学博物館(Museo Nacional de Arqueologia y Etnologia)」という看板が見えました。徒歩で30分ちょっとかかり、少し疲れましたが、無事到着です。

museo01.jpg
国立考古学民俗学博物館の玄関


 この博物館に来るのは3回目です。館内に入ると、まず、グアテマラ各地にあるマヤの村の民族衣装が展示されています。これを見ると、マヤの村のオリジナルの衣装が分かります。展示の中心は、数多いグアテマラのマヤ遺跡から出土した石碑類です。メキシコの博物館でもマヤの石碑はたくさん見られますが、この博物館の展示は質・量ともに群を抜いています。展示方法が昔と変わらず、あまり良くないのですが、芸術的な彫刻を施した石碑群は必見です。

museo06.jpg
民俗学の展示室

museo02.jpg
マヤの美しい織物が展示されている

museo04.jpg
石彫の質も素晴らしい

museo05.jpg
マヤの古代都市建設のジオラマ


 なお、現在、博物館は拡張工事を行っており、それが完成すると展示面積も展示品もかなり増えると思います。

 博物館を出ると、客待ちをしていたタクシーの運ちゃんが「どこへ行くの!」と声を掛けてきました。暇だったので、その運ちゃんを相手に無駄話と情報収集をしたところ、ここから次の目的地であるポポルブフ博物館は「遠いけど、歩いて行けないこともない」と聞きました。

 「じゃあ、試しに歩いてみよう」ということで、運ちゃんに別れを告げ、炎天下の道を東に向かって歩き始めました。


guate10.jpg
ソナ10を歩く


 ちょうど昼時になり、住宅街の中を歩いていると韓国料理屋の看板が見えました。アンティグアで食べたビビンパの味が思い出され、店に入ってみました。

 客は誰もおらず、広い部屋に一人で座ると、早速ビビンパを注文しました。韓国料理はメイン以外に小皿がたくさん出てきますが、ここでも8皿ほど出てきました。キムチやホウレンソウなどの野菜中心の韓国らしい小皿料理を楽しんでいると、出てきたのは石焼ビビンパでした。注文する時に、料理名が少し違うなと思ったのですが、石焼だったのですね。

guate11.jpg
石焼ビビンパと小皿料理


 小皿料理に加えて、かなり量があるビビンパを食べきるのは大変でした。でも、おいしかったし、いろいろな料理が食べられたので大満足です。途中で、店の主人らしき年配の韓国人女性が通りかかり、韓国語で嬉しそうに挨拶してくれました。たぶん、私を韓国人と思ったのでしょう。私は笑顔で手を振っただけです。

 帰り際、店の駐車場にいたその女主人が、また韓国語で挨拶してくれました。歳を取ると、異国の地で同じ国の人に会うのは嬉しいことだと思います。ただ、日本と韓国は微妙な関係ですから、自分が日本人だと知ったら彼女はどう思うだろうかと、複雑な気持ちになりました。

 ソナ13からソナ10の中心部を抜けて、合計で約1時間ちょっと歩いたと思います。ようやく、ポポルブフ博物館があるフランシスコ・マロキン大学に到着しました。自然環境を生かした、緑が豊かな新しいキャンパスです。私は日本で様々な大学のキャンパスを見ていますが、これだけ美しく整備されたキャンパスを持つ大学はあまりないと思います。こんなに素晴らしい環境で勉強できるグアテマラの学生は恵まれていると思いました。

 キャンパス入り口のゲートで警備員から身分証とサインを求められました。博物館を訪ねる人は多いと思いますが、やはりグアテマラだけに警備は厳重にしているようです。

popol01.jpg
大学のキャンパス内にある博物館の建物


 ポポルブフ博物館は、以前はソナ10のオフィスビル内にあったのですが、大学のキャンパスができて、こちらに移転したのです。一緒に、マヤの織物を展示するイシチェル博物館も向かいに移転しました。マヤ遺跡のデザインを外壁に用いた立派な施設の中あり、静かで落ち着いた環境で、マヤの美を堪能できます。

 博物館の展示はマヤの土器類が中心ですが、整った展示施設もあり、かなり見応えがあります。大型の石碑などはないのですが、神や動物をモチーフにした壺や香炉などのデザインは、マヤらしい奔放な芸術性にあふれています。

popol02.jpg
面白いデザインの土器が並んでいる


 今日は一日、歩き回って疲れました。タクシーを使わなくても回れることは分かりましたが、やはり、タクシーは使った方が楽だし、安全ですね。この次は、お金を盗まれないように注意し、余裕を持って旅行しようと思いました。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村






 

 
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ラーメンみたいのが美味しそうですね。
モルモット料理の写真は有りませんか?
【2015/05/13 14:18】 | キャットフィッシュ #- | [edit]
モルモットを食べるのは南米のアンデス地方ですね。中米では、イグアナは食べますが、モルモットは食べません。ちなみに、私はモルモットをまだ食べたことがありません。
【2015/05/14 10:29】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/392-cc26962e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。