米国の研究者がマヤ王の石碑を発見した!!

 2015-08-24
 日本経済新聞のWeb版(8月22日)に、ナショナルジオグラフィックのニュースとして「マヤ王の石碑を発見」という記事が掲載されていました。

 この記事自体は、7月31日にナショナルジオグラフィック日本版のニュースに掲載されたものです。
 記事の内容は、何を言いたいのかよく分からないものでしたが、それはマヤ文明のことが、まだ、よく分かっていないことの証しのような気がします。

 要約すれば、先古典期(紀元250年以前)のマヤの遺跡から、古典期(紀元250年以降)に作られた石碑が出てきたということで、発掘した研究者が驚いたということです。それは、それほど珍しいことでもないと思うのですが・・・・。


maya2015.jpg
発見した石碑の前で、左が米テュレーン大学中米研究所のマルセロ・カヌート氏、右は石碑を発見したテュレーン大学院生のルーク・オールド=トーマス氏。


 それよりも、この記事で、私にとって興味深かったのは、紀元378年にテオティワカンから来たシヤフ・カック率いる軍勢が、ティカルを支配し、マヤ地域の大変革を引き起こしたということですね。この説は、特に目新しいものではないのですが、マヤの歴史がいかに複雑で、謎が多いかを再認識させられました。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
タグ : ティカル
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/398-46ad6245

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫