ラパスの街歩き その1

 2017-04-13

lapaz015.jpg
ムリリョ広場の休日。後方右がカテドラル、左が大統領官邸


 ラパスは古い時代の中南米の風情が今も残る面白い町です。せっかくラパスに行ったのなら、ここでしか味わえない街の雰囲気や独特の庶民生活を見てみないともったいないです。

 見所としては、大きく分けて2つあります。一つは、街の中心であり観光の中心でもあるムリリョ広場周辺と観光客が集まるサガルナガ通り周辺。もう一つは、サガルナガ通りの上の方に広がっている庶民街と市場です。

 まず、街の中心であるムリリョ広場を目指しました。ホテルの近くにある学生広場からは歩いて15分から20分くらい。車であふれるメイン通りから北に3ブロックほど行くとカテドラル、大統領官邸などに面した小さいけれど綺麗な広場があります。ところが、この日は広場の1ブロック前からバリケードが設けられ、武装警官が関係者以外進めないように道を固めています。


lapaz007.jpg
バリケードが設けられ、警備の警官が・・・。


 その周囲の通りでは、先住民の人々を中心に大勢の人が集まり、道路を占拠しています。この人々が大統領官邸のあるムリリョ広場に押しかけないように警察は規制していたようです。特に恐いわけではないのですが、とにかく大勢の人が道路に座り込んでいますので、緊張感があります。ボリビアでは、様々な団体による政府に対する抗議や要求の行動がよく行われます。以前は、ゼネストが頻繁に行われ、すべての国民の活動がマヒすることもありました。広場には行けなくても、他の国でこんな光景が見られることはあまりないのでラッキーかもしれません。ただし、のんきに写真を撮っていたりすると、活動参加者の怒りを買うことがありますので、注意が必要です。


lapaz008.jpg
道路に座り込んでいる先住民の人たち


 ムリリョ広場はあきらめて、メイン通り(この辺りはマリスカル・サンタ・クルス通りと呼ぶ)の南側にあるサガルナガ通りに向かいます。メイン通りに面して建つ大きな教会が1549年に建てられたという伝統あるサン・フランシスコ寺院です。現在の建物は17世紀の再建ですが、ボリビアを代表する美しく立派な建築物です。教会前の広場には観光客や物売りなどが大勢の人が行き来しており、賑やかです。


lapaz009.jpg
サン・フランシスコ寺院

 
 教会横から南側に伸びる細い坂道がサガルナガ通りです。風情があっていい道なのですが、最近は土産物屋や旅行会社が軒を連ねるようになり、すっかり洗練され、観光地化されてしまいました。昔は、古い建物が立ち並ぶ通りの途中に古ぼけたフォルクローレの名店ペーニャ・ナイラがあり、馴染みのバーに行くような感じで何度も通いました。いまは、建て替えられたのでしょう、同じ名の洒落た感じの宿泊施設になっていました。


lapaz010.jpg
賑やかなサガルナガ通り


 それでも、この周辺の脇道には古い時代の名残である独特の風情と光景があって、歩いていて楽しいです。サガルナガ通りと交差する、リナレス通りは、通称「魔女通り」と呼ばれており、魔術に使うような動物のミイラや薬草などを売る店があります。きつめの坂ですからちょっと苦しいですが、歩き回ると面白いものが見つかると思います。


lapaz011.jpg
サガルナガ通りと交差する通り。やっぱり賑やか。

lapaz012.jpg
先住民のおばちゃんの土産物屋が多い。

lapaz016.jpg
夜の街路は風情がある。



よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/427-58aa33c3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫