スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

メキシコの世界遺産「バラガン邸」が日本にやってくる

 2009-09-08
 9月9日(水)から東京青山のワタリウム美術館で「ルイス。バラガン邸をたずねる」という展覧会が開かれます。

baragan.jpg
ワタリウム美術館HP

 ルイス・バラガンはメキシコを代表する建築家の一人で、独特の色彩や水や光を駆使した環境表現で有名です。
 メキシコにあるバラガン邸は「情感に満ちたメキシコの時間とシンプルで洗練された空間がみごとに調和している」と言われ、2004年には世界文化遺産に登録されました。
 
 展覧会では、このバラガン邸が会場の中に再現され、オリジナル家具や骨董品などもメキシコから運ばれて展示されるということです。

 メキシコは建築デザインの面でもかなり優れた人材を生み出している国です。私もメキシコにいる時は様々な建築物を興味を持ってみていましたが、国立人類学博物館やルフィーノタマヨ美術館など、素晴らしいデザインの建物が数多くあります。

 これまで、建築にあまり興味のなかった人もこれを機会にちょっと目を向けてみてはどうでしょうか。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
本日、バラガン邸に行ってきました。ピンクの壁やほわほわした黄色の絨毯、テーブルについた豚鼻のランプ立てに胸キュンしました。ティータイムも素敵でした。
【2009/11/26 23:36】 | まと #- | [edit]
まとさん

ご報告ありがとうございました。
私も、近いうちに行きたいと思います。
【2009/11/27 11:20】 | ヴィクーニャ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/59-87f4ab17

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。