スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

キューバの平和のコンサートに130万人が熱狂

 2009-09-24
 キューバの首都ハバナの革命広場で「Concierto por La Paz(平和のコンサート)」が開かれ、なんと130万人が参加したということです。

 このコンサートはコロンビア出身の人気ミュージシャンであるフアネスが呼びかけたもので、キューバの内外から15組のミュージシャンが出演しました。コンサートの入場は無料ということですが、これまでこんなに大規模なコンサートは例がなく、なんと、1998年に行われたカトリックの法王フアン・パブロ2世のミサの4倍もの人が集まったということです。

 コンサートは、プエルトリコのオルガ・タニョンによるメレンゲの曲で始まり、スペイン、キューバ、イタリア、プエルトリコ、エクアドルなどのミュージシャンが歌と演奏を披露しました。


Olga Tañon

 このなかで、キューバのシルビオ・ロドリゲスは「Ojala(オハラ)」を、フアネスは「 A Dios Le Pido」を歌ったということです。そして最後は、ブエナビスタ・ソシアル・クラブで大ヒットした「チャン・チャン」をコンパイ・セグンドが歌い、130万人が合唱したということです。すごいですね・・・聞いてみたかった。


Silvio Rodriguez「Ojala」


 ところで、このコンサートに対して米国では反カストロ勢力による批判が起こり、フアネスをはじめとしたコンサート参加者のCDが地ならしの機械によって粉々に粉砕されるという事件も起きています。

 一方、キューバではこのコンサートを政治的な問題と切り離して行っており、フアネスはキューバと米国に分かれて住むキューバ人の和解を訴えたということです。

 マイアミのキューバ人がカストロ政権を憎むのはわかりますが、そろそろ和解に向けて動き出す時期に来ていると思います。このようなコンサートが定期的に開かれ、音楽で平和を実現して行くことができればいいですね。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/66-6dfc596b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。