アルゼンチンの偉大な歌手メルセデス・ソーサが亡くなった

 2009-10-06
 10月4日、南米に吹き荒れた軍事政権の嵐の中で、平和と自由を歌い続けたアルゼンチンの偉大な女性歌手、メルセデス・ソーサが亡くなりました。死因は多臓器不全です。74歳。

 私にとってソーサは初めて感動したラテン音楽のミュージシャンでした。まだ20歳前半のある日、ラジオを聴いていたときに彼女のコンサートの録音が流れてきたのです。その張りのある力強い歌声に心を揺さぶられて聞き入ったものです。

 それから何年か後にブエノスアイレスを訪れ、ソーサのミュージックテープを買ってホテルで聞きましたが、その歌声の素晴らしさに再び感動しました。特にアルゼンチンを代表するフォルクローレの作曲家であるアタワルパユパンキの代表作「ツクマンの月」を歌うソーサにはしびれました。


メルセデスソーサの葬儀で、「ツクマンの月」を歌う参列者。


よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
 朝日新聞のサイトではソーサを次のように紹介しています。
「中南米の『民衆の心の代弁者』とも呼ばれた代表的なフォルクローレの歌手で、歌による社会変革を目指した『新しい歌運動』の第一人者。35年、貧しい労働者階級の家庭に生まれ、70年代後半から80年代にかけての軍事政権下で『左翼狩り』により大勢の市民が殺された時期にも、人権について歌い続けた。しかし、影響力を恐れた独裁政権がレコーディングを禁止。拷問で夫を失い、自らも投獄された後に欧州に亡命したが、歌声でアルゼンチン国民を励まし続けた。『人生よ、ありがとう』などのヒット曲がある」

 近年、ソーサはラテンアメリカの代表的なミュージシャンたちとコラボレーションを続けており、これを収録した「Cantora 1」というアルバムで、2009年のラテングラミー賞のベストアルバム部門にノミネートされていました。
 
 このコラボのためコロンビアの歌姫シャキーラとともにコンサートに出ているのを見ましたが、その姿は異様に太り、いかにも不健康という感じでした。報道では、腎臓を患い病院で集中治療を受けていたそうです。
 
 ソーサのような偉大な歌手はもうラテンアメリカにはあらわれないかもしれません。彼女の死は、人々に大きな苦難と苦痛を与えたラテンアメリカの一つの時代が終焉したことを示していると思います。
 
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/69-53b7526d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫