ペルー大統領選挙の世論調査でフジモリ元大統領の娘が2位

 2009-10-08
 2011年に行われるペルーの大統領選挙についての世論調査の結果、リマ市長のルイス・カスタニェーダ氏が23%の支持を集めてトップとなりましたが、2位にはアルベルト・フヒモリ(スペイン語ではフジモリと発音しない)元大統領の娘であるケイコ・フヒモリ氏(支持率19%)が続いています。


父親は無罪と主張するケイコ・フヒモリ氏

 ただ、ケイコ氏とカスタニェーダ氏との支持の差は広がりつつあり、3位のオリャンタ・ウマラ氏との差は小さくなっていて、ケイコ氏には厳しい状況です。

 まだ、大統領選挙まで時間がありますから、どうなるかわかりませんが、フジモリ元大統領が、殺人など七つの事件で起訴され、いずれの裁判でも有罪となったことが影響していると思われます。

 なお、ケイコ氏は、大統領選挙で勝利したら父親を釈放すると公言しています。

 ケイコ氏は34歳。コロンビア大学ビジネススクールを卒業しMBAを取得した才媛。2006年4月の共和国議員選挙では国内最多得票で当選しています。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ケイコさんが、ペルーの大統領になったら、女性の支持者が増えるし、女性ならではの発想で政治ができますし
日本とペルーの友好の架け橋になって、日本にとってペルーが身近な国になるから、ケイコさんにペルーの大統領になってほしいです。ケイコさん、ペルーの大統領に絶対に確実になってください。僕の一生のお願いです。お願いします。
【2011/04/10 23:02】 | 中馬哲也 #SDTsx.NA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://latename.blog113.fc2.com/tb.php/70-ca5d091b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫