FC2ブログ

スペイン旅行記② 1日目 マドリード到着!

 2019-05-17

 イベリア航空の直行便でマドリードへ


 成田を11時に出発し、14時間後の18時過ぎ、無事にマドリードの国際空港に到着しました。
 空港を出るころには夕方7時過ぎとなりましたが、まだ日が高い位置にあるのに驚きました。
 スペインでは3月末からサマータイムになっていますので、冬時間より1時間進んでいるのですが、
それにしても明るいです。

 空港からマドリード市内までは空港バスを使うことにしました。運賃は5ユーロ(650円くらい)。地下鉄もありますが、乗り換えが必要になりますし、大きな荷物を持っていると乗りにくいのです。

 空港バスの終点はスペイン国鉄(RENFE)のアトーチャ駅です。ホテルは駅の近くなので、ボーッとしていても大丈夫です。

atocha04.jpg
アトーチャ駅。向かい側に空港バス(黄色い車体)の乗り場がある。


アトーチャ駅は賑やかな鉄道の中心駅


 一時間弱でアトーチャ駅に到着。夜8時ですが、日本なら夕方6時前くらいの明るさです。しかし、8時なのですから、ホテルに向かう前に夕食を調達することにしました。

 アトーチャ駅は東京駅のような鉄道の中心駅で、ここから全国に新幹線のような高速鉄道が出発しています。駅の規模も大きく、国際色豊かな大勢の人が構内を行き来しています。メインの通路には軽食と飲み物を提供するカフェが数軒ありますが、少しボリューミーな物が食べたかったので東京ではなかなか食べられないバーガーキングにしました。

atocha01.jpg
クラシックなデザインのアトーチャ駅の正面。この辺は旅行者を狙うスリが多いので注意!!

atocha03.jpg
駅の構内。植物園のような感じになっている。右奥にバーガーキングがある。

ホテルは日本より安くて広い!?


 ホテルまでは駅から徒歩15分と聞いていたので、暗くなったら嫌だなと思っていましたが、それはまったくの杞憂に終わりました。8時半でも全然明るく、人通りの少ない道でも問題なし。

 ホテルも外国人旅行客を意識した高級なビジネスホテルという感じ。一般的にホテルは日本より安く、部屋は広いです。

atocha02.jpg
駅から歩いて15分。静かな場所に隠れるようにあったホテル。外観が地味!!






タグ : アトーチャ駅

スペイン旅行記① 旅行の準備にWeb活用!

 2019-05-16
iberia1.jpg



スペイン行きのチケットはWebで直接購入が安い!!


 今回は、最近テレビなどで美食が話題になっているスペインに行くことにしました。
 まずは航空券を買う必要があります。
 成田~マドリード間はイベリア航空が2016年から直行便を飛ばしていますが、利用は好調のようで2018年から、それまでの週3便から5便に増便し、ますます便利になりました。
 当初、旅行代理店を通してチケットを購入しようと思いましたが、ゴールデンウィーク前の4月中旬は値段が高く、イベリア航空のWebサイトから直接購入したほうが安いことが分かりました。
 サイトでは事前に席の指定ができるのですが、別途料金が必要になります。これまで、座席指定に別料金が必要なことなどなかったので戸惑いましたが、14時間のフライトを考えると席は選んでおきたいため仕方ないですね。
 この飛行機(エアバスA330-200型)は、窓側席が2列になっています。アエロメヒコのメキシコ直行便のように3列だと二人旅行では辛いですが、2列席なら二人で旅行するには快適です。

iberia.jpg
イベリア航空のサイトから航空券の購入が簡単にできる。


スペイン国鉄のチケットはWeb購入がベスト!!


 次は移動手段の確保です。
 旅行の計画では、マドリードに到着した翌日にトレドに移動し一泊。翌日マドリードに戻りスペイン南部のマラガという町に移動します。
 いずれもスペイン国鉄RENFEでの移動になるためチケットを手に入れる必要があります。以前、スペイン旅行をした際はRENFEの窓口で切符を購入すればよかったのですが、今は事前予約がないと列車に乗れない可能性があるのです。まして、4月中旬はスペインのセマーナサンタ(聖週間)にあたるため、マラガやセビリアへの旅行客が大幅に増加します。

ave2019.jpg
RENFEの高速鉄道AVE。マラガ、セビリア、バルセロナなどに行く際に利用する。

 そこで、RENFEのサイトで切符のWeb購入に挑戦しました。
 スペイン国鉄の切符は日本語で買えるサイトなどもありますが、RENFEのサイトで直接購入した方が安いです。ただし、表示言語はスペイン語か英語になります。

renfe.jpg
RENFEのサイト。トップに切符検索用の枠がある。

 まずは、検索枠の出発地(ORIGEN)にMADRIDと入力すると複数の候補が出てきますがMADRID-PUERTA DE ATOCHAを指定します。PUERTA DE ATOCHAとはマドリードの中心にあるアトチャ駅のことで、多くの列車がここを発着駅としています。目的地(DESTINO)をTOLEDOと選択し、日付を指定。COMPRARのボタンを押すと、列車が一覧表示されます。その中から、乗りたい列車を選択します。クラスと価格が表示されるので選択(SERECCIONAR)を押せば、右外枠に合計金額が表示されます。

renfe1.jpg

renfe2.jpg
検索で表示されたトレド行きの列車リスト。AVANTは列車の種類。クラス(Clase)はツーリスト(普通)となっている。

 必要事項を入力したあとは支払いですが、これに少し問題があるようです。当然、クレジットカード払いになりますが、カードによって受け付けないケースがあるようです。VISAなら大丈夫なようですが、だめな場合はオンライン決済サービスのPayPalに登録して支払えば問題ありません。PayPalのほうがクレジットカードより安全で簡単とも言われています。
 私はPayPalにしましたが、その後の切符購入が簡単になったのは間違いあいません。
 また、RENFEの事前購入では様々な割引が適用される可能性があります。リストのTarifaの下にPromo(プロモーション)と出ていれば割引価格です。ただし、プロモーション切符は座席選択やキャンセルなどができません。不安な場合はキャンセルや列車の変更が可能な普通の切符を購入したほうがいいでしょう。
 支払いが済むと、PDFで切符が表示されます。それをプリントアウトしておけばいいのです。また、携帯にダウンロードしておき駅員に見せる方法でも列車に乗れます。

renfe3.jpg
表示される切符。駅員は右肩のバーコードを機械で読み取る。

 Webで切符を事前購入しておくと、列車に乗るのが本当に楽になります。


 20年前にスペインを旅行した時は、事前に何かを予約することなどなかったのですが、今はなんでも予約したほうが確実です。特に、人気のあるアルハンブラ宮殿サグラダファミリア寺院は予約してチケットを持っていかないと入場できません。
 私はサグラダファミリアに行く3週間ほど前に入場券をWebサイトから予約しましたが、残席が40ほどでした。1日に入場する人数はかなり多いためギリギリだったと思います。その後、アルハンブラ宮殿のチケット入手を試みましたが、2ヵ月後まで売り切れていました。アルハンブラは当日分やキャンセル分の売り出しがあるため、現地でもう一度入手を試みることが可能ではありますが、ネットで瞬時に売り切れますので、入手できる確率は非常に低いです。
 その他、プラド美術館やマドリードの王宮などは並べば入場できるのですが、毎朝、かなり長い列ができます。Webで事前に入場券を入手しておけば、並ばずに入場することが可能です。

sagradaboleto.jpg
サグラダファミリアの入場券。これもPDFで送られてくる。

アルハンブラ宮殿のチケット購入


サグラダファミリアのチケット購入


繁忙期になるとホテル代が高騰!!


 ホテルはトリバゴやExpediaで探しましたが、4月中旬から下旬にかけてはスペインではセマーナサンタ(聖週間)という祭りがあり、スペインの人たちもバケーションで旅行に出るのです。特に、旅行予定のスペイン南部のマラガはセマーナサンタの行事で有名な町ですので、ホテル代は通常の3~5倍に跳ね上がっていました。見つけたホテルは、通常はツインで一泊6000円ほどだったのが、1泊約2万円でした。日本でもスペインでも繁忙期は仕方ないですね。


(このブログは2019年4月16日~5月10日にかけて行ったスペイン旅行の記録です)
 
 
 
 

マヤの大規模な要塞が見つかった!!

 2019-03-11
 maya20193.jpg


 グアテマラ北部で、古代マヤ時代の大規模な要塞跡が発見されたそうです。

 場所はマヤの代表的な遺跡であるティカルエル・ソツ遺跡の間にある険しい尾根の上で、ラ・クエルナビラ(La Cuernavilla)と呼ばれています。

 調査に当たっているナショナルジオグラフィックの記事では「この地域でこれほど大掛かりな要塞が見つかるのは初めてで、もしかしたら南北米大陸の古代遺跡を見わたしても初めての発見ではないかと」いうのです。

 さらに、「新たに確認された構造物からは、戦争が大規模で組織的だったこと、この古代文明が栄えた時代の大半において、戦いが生活の一部だったことがわかる」としています。

 マヤが戦争に明け暮れていたことは、これまでもかなり知られていたことです。しかし、マヤがこうした要塞を築いていたことや、長年にわたって大きな戦争が行われてきた証拠が見つかったことから、予想以上に都市間の戦争が激しかったことが推測できるようです。

 今回の発見は、上空からレーザーを当てることで密林に隠れた場所を調査できるライダー(LiDAR)技術によって可能になりました。以前も、この技術を使ってティカルとその周辺の調査を行い、密林に埋もれた数多くの神殿などを発見したことがニュースになりました。
 
 こうした新しい技術を使ったプロジェクトが進むことで、マヤに関する新発見はまだまだ続きそうです。

よろしければワンクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村




マヤの洞窟で大量の遺物を発見!!

 2019-03-08
blog2019.jpg 

 マヤ文明を代表する遺跡チチェン・イッツア近くの洞窟で儀式用の素焼きの土器など150点以上が発見されました。 

 バラムク(Balamkú=ジャガー神)と名づけられたこの洞窟の調査は2018年からINAH(メキシコ国立人類学歴史研究所)が中心になって行われており、これまでに入り口付近の7つの洞穴の内部が確認されているそうです。

 最初にバラムク洞窟が発見されたのは1966年だそうです。当時、調査を行った考古学者は洞窟の中に大量の遺物が存在すると分かっていたにもかかわらず、洞窟を封印してしまい、これに関する資料も失われたそうです。

 それから50年たって、ようやく調査隊が洞窟に入ったわけです。発見された遺物は、チチェン・イッツアの住民たちが神に捧げたもので、その多くは素焼きの香炉や壷などでした。

 なかでも目を引くのは、雨の神トラロックの顔を象った香炉です。トラロック(またはチャック)はアステカでも非常に重要な神としてあがめられていました。こうした香炉は他の洞窟でも発見されています。

 保存状態がいい大量の遺物の発見によって、チチェン・イッツアの儀式や衰退の謎などについての解明が期待されます。

洞窟発見の映像(NATIONAL GEOGRAPHIC


よろしければワンクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村


タグ :

アステカの神シペ・トテックの神殿と像が発見された!

 2019-01-16
無題3 

シペ・トテック神殿と像の発見


 メキシコの古都プエブラの近くにある町テウアカン(Tehuacán)にあるアステカ時代の遺跡から、アステカの神シペ・トテック(Xipe Totec)の神殿と像が発見されました。アステカの神を祀った神殿は数多くありますが、シペ・トテックを祀った神殿が見つかったのは今回が初めてということです(2019年1月2日メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)発表)。

 神殿から見つかったのはシペ・トテックの石像三体で、皮をはがれた状態の頭部二つと頭の無い胴体の像が一つ。胴体の像の手には生贄からはがした皮が握られ、背中にはシペ・トテックが着たとされる生贄の皮が彫り込んでありました。

xipetotec01.jpg 
見つかった頭部の像。横に胴体の像がある。

皮をはぐ神への生贄の儀式


 アステカの神話にはユニークな神が多く登場するのですが、なかでもシペ・トテックはかなり変わっています。基本的には農業と戦争の神ですが、その名前は「皮を剥かれた我らが主」という意味だそうで、ウイキペディアの説明では、この神は「自らの皮をはいで人々に食料を与える」という特徴を持つそうです。

Xipe_Totec_1.jpg 
シペ・トテック神の姿

 「皮をはぐ神」ということで、アステカでは戦争で捕虜にした人の皮をはいで生贄としてシペ・トテックにささげる儀式を行っていたといいます。「二つある祭壇の一つでいけにえをささげ、もう一つでいけにえの皮をはぎ、その皮を神官たちがまとった」とINAHは説明しているのです。

 神官が生贄の皮を身にまとったのは、時間が経つにつれて皮が腐って剥がれ落ち、その下から生きた人間の皮膚が現れることからシペ・トテックの再生の力を示したものとされています。シペ・トテックの再生力は春の息吹とも考えられていたそうです。
 
 ちなみに、この遺跡は「ラ・シウダー・ンダチヒアン(La ciudad Ndachjian)」あるいは「テウアカン・エル・ヴィエッホ(Tehuacán El Viejo)」と呼ばれており、プエブラの南東120kmほどに位置するテウアカンの町の近くにあります。また、遺跡から出土した石像などを収蔵した博物館「Museo de Sitio Tehuacan Ndachjian」もあります。

museo.jpg 
博物館の外観

よろしければワンクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫